フォト

twitter

初音ミク - Project DIVA -

ドルフィードリーム

  • 初音ミク × Dollfie Dream(R) 雪ミク × Dollfie Dream(R)

大図書館の羊飼い

  • 『大図書館の羊飼い-Dreaming Sheep-』2014年3月28日発売予定、11月29日より全国のPCショップで予約受付開始です。

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月29日 (日)

吾妻山

2012_07_29_001  連日、暑い日が続いているので、涼を求めて標高約1000mに位置する“吾妻山ロッジ”まで行ってきました。吾妻山ロッジは、広島県と島根県の県境に位置する標高1239mの吾妻山の登山口にある国民休暇村です。

 一般的に、標高が100m高くなるにつれて、気温は約0.6℃下がります。呉市内の標高は、僅か数メートル程度ですので、標高1000mの吾妻山ロッジでは、約6℃の気温低下が期待できます。流石に、日向ではそれなりに暑かったですが、日陰では少しばかり季節を忘れられる涼しさがありました。

2012_07_29_002  吾妻山ロッジから山頂までは、それほど遠くないのですが、登山をするような格好でもなかったので、ロッジ周辺を少し探索しただけです。沢を流れる水が非常に冷たくて気持ちよかったのですが、大きな蜂が辺りを飛び回っていたので、余りうかうかともしていられませんでした。

 ちなみに、国道432号から分岐した広島県道255号比婆山公園森脇線と接続の市道は、1.5車線ほどの道が続きます。

RX-8燃費レポート(第13報)

 実燃費がカタログ燃費と掛け離れていると騒ぐ前に、自分のドライビングを見直すのが先だと思う今日この頃です。

 さて、燃費レポートの第13報です。久々のレポートのような気がしますが、間隔が1週間延びただけでした。前回の給油からの走行距離は504.0km、今回の給油量は57.00Lで、燃費は8.8km/L、燃費達成率は94.1%となりました(累積では、それぞれ9.4km/L、100.4%です)。4月28日の第6報以来、3ヶ月ぶりにカタログ値を割り込みました。原因は、レーダー探知機のセットアップと国道31号線の渋滞に巻き込まれたことによる長時間のアイドリングでしょう。燃料計が半分を下回った時点での走行距離は200km程度でしたから、吾妻山へのドライブで、どうにかここまで持ち直したという感じです。

 普段は、セルフのガソリンスタンドで給油しているのですが、今回はフルサービスのガソリンスタンドで給油しました。ガソリン警告灯が点灯した時点でも、行きつけのセルフスタンドまでは辿り着けそうだったのですけれどね。カーナビが渋滞をお知らせをしてきたので、無理だと判断して、通りがかった同じ系列のガソリンスタンドで給油することにしました。

■本日の給油
走行距離:504.0km 給油量:57.00L 燃費:8.4km/L 燃費達成率:94.1%

2012年7月28日 (土)

大図書館の羊飼い・先行体験版

2012_07_28_001  話題のオーガストの最新作である「大図書館の羊飼い ~ a good librarian like a good shepherd ~」の体験版が届きました。TECH GIAN スーパープレリュードの付録として先行収録された体験版です。何れ、ダウンロード版が公開されて無料でプレイできるわけですが、早くプレイしてみたいという衝動には敵いませんね。

 さて、「大図書館の羊飼い」ですが、前作の「穢翼のユースティア」とは、がらっと作風が変わって明るい学園モノです。どちらかと言えば、前作が異色で、こちらがオーガスト本来の作風と言うべきなのでしょう。

 先行収録の体験版とは思えないくらいのボリュームで、数時間程度では終わりませんでした。オーガストらしさが溢れた雰囲気で、発売まで半年近くがありますが、期待しないではいられません。その前に、積みゲー状態の「穢翼のユースティア」を終わらせないと…。

2012年7月21日 (土)

AQUOS PHONE ZETA SH-09D

2012_07_21_001  ほぼ3年ぶりに携帯の機種変更をしました。漸く、フィーチャーフォンもといガラケーからスマホになりました。某S社の代表取締役社長に、“スマホにあらずんば、携帯電話にあらず”と断罪されてしまうような時代です。某S社のガラケーを使用している方は、すぐに端末を叩き割って、キャリアを変更しましょう。

 変更した機種は、AQUOS PHONE ZETA SH-09Dです。またしても、最上位機種です(NOTTVって、新しいスイーツか何ですか?)。スマホに機種変更するにあたって、

  • Android 4.0 (Ice Cream Sandwich)搭載
  • LTE (Xi)対応
  • AQUOS PHONE

の3つを要求仕様に入れていたので、2012年の夏モデルまで待つ羽目になりました。スマホへの機種変更は、1年程前から検討はしていたのですが、要求仕様を満たした機種がありませんでしたからねぇ…。

 さて、スマホにしてみた感想ですが、使い方が良く分からないというのが、率直なところです。まず、ストラップを取り付ける段階で、Googleで検索する羽目になりましたからね(爆)。少しずつ、時間を見つけて自分の使いやすいようにカスタマイズしていこうと思います。取り敢えず、手始めに“みっくみく仕様”からやってみましょうか(笑)。

2012年7月15日 (日)

RX-8カスタマイズ第参弾 - レーダー探知機取付 -

2012_07_15_001  RX-8のカスタマイズ第参弾です。第弐弾での予告にあったとおり、少し毛色の違うカスタマイズと言うことで、“レーダー探知機”を取り付けました。まぁ、通称“オービス(ORBIS)”こと、“自動速度違反取締装置”に捕まるような速度で走ることはないのですが、会社の先輩から付けておいた方が良いよと進められたので、付けてみることにしました。

 取り付けたのは、YUPITERU Super Cat GWM75sdです(こういうのは、ついつい最上位機種を購入してしまう)。ダッシュボードに、いかにもな感じでレーダー探知機を設置したくなかったので、さり気なく設置できるミラータイプです。元々、平面鏡のワイドルームミラーを取り付けているので、違和感なく使うことができます(大きさも既設とほぼ同じ)。

 2012_07_15_002 オプションのOBDIIアダプターを接続すれば、詳細な車輌情報を取り出して、画面に表示させることができます。本来のレーダー探知機としての機能よりも、個人的には、こちらのほうが魅力的でした(ぉ。現在は、“エンジン負荷”“スロットル開度”“エコドライブ”を表示させています(写真は、エコドライブの代わりに、冷却水温度になっています)。本当は、“インマニ圧(インテークマニホールド負圧)”を表示させたかったのですが、RX-8の場合、数値を拾うことができませんでした…。

 他にも、交通に関わる様々な情報を通知してくれる非常に多機能なレーダー探知機です。本来のレーダー探知機として以外にも、いろいろと役立ちそうな気がします。まぁ、レーダー探知機のお世話にはならないよう、安全運転を心がけていく所存ではありますけれどね。

 カスタマイズ第四弾以降は、いよいよスポーツカーの本質である“走り”の部分にも手を加えていこうかと思っています。とは言っても、過激なチューニングを施すつもりなどはなく、ファインチューニング程度に留めるつもりです。

2012年7月 8日 (日)

RX-8カスタマイズ第弐弾 - バルブ&ワイパーブレード交換 -

2012_07_08_001_2  RX-8のカスタマイズ第弐弾です。実は、3週間前から実施済みだったり、twitterでちらっとネタバレしていたりはするのですが、第弐弾完了と言うことで、改めて記事にしてみました。

 今回は、基本的に第壱弾で予告していた通り、“バルブ交換”に加えて、“ワイパーブレード交換”を行いました。一部は、対応する純正品が無かったために、無期限の延期となりました。

 交換したのは、以下の通りです。

  • LEDハイマウントストップランプ
  • スポーツワイパーブレード
  • LEDライセンスプレートランプ(※純正オプション無し)
  • LEDトランクルームランプ(※純正オプション無し)

 ハイマウントストップランプは、海外の純正品・社外品を取り扱っている“MAZPARTS”製です(厳密には輸入・販売しているだけですが…)。後期型のRX-8の場合、テールランプ・ブレーキランプはLEDバルブですが、ハイマウントストップランプだけが電球バルブなので、アンバランスなのですよね(しかも、電球とLEDの場合、点灯タイミングにも若干のズレがあるらしい)。基本的に、目立つところは、可能な限りLED化したいということで、交換しました。少し、値段が張るのですが、ノーマルから簡単に交換することができます。前期型のDSC付で、テールランプ・ブレーキランプがLED場合、正常動作しないそうなので、交換を考えている方はご注意下さい。

 ワイパーブレードは、ウィンドディフレクターの付いた“AutoExe”製です。ノーマルのワイパーブレードの場合、高速走行時の拭き取り性能に、若干の不満がありましたので、交換してみました。ウィンドディフレクターが、ダウンフォースを発生させ、ワイパーブレードのリフトを抑制することで、高速走行時の拭き取り性能が向上するらしいです。拭き取り性能については、実際に雨天時の高速走行をしてみないと分かりませんが、赤色のロゴがアクセントになって良い感じです。

 ライセンスプレートランプとトランクルームランプは、ポジションバルブと同じウェッジタイプ(T10)です。残念ながら生産終了車種となっては、今更な意見ではありますが、同じバルブなのですから、ディーラーオプションに設定しても良いような気がするのですけれどね。バックランプは、適合するウェッジタイプ(T16)の純正のLEDバルブが無いので、交換を断念せざるを得ませんでした…。

 カスタマイズ第参弾は、少し毛色の違うカスタマイズを予定しています。そして、第四弾以降は、いよいよスポーツカーの本質である“走り”の部分にも手を加えていこうかと思っています。

2012年7月 7日 (土)

RX-8燃費レポート(第12報)

 エコカー(笑)減税と補助金のおかげで、かなりエコカー(笑)が普及しまして、嫌でも目に付くようになりましたが、走り方が全く以てエコではないと思う今日この頃です。

 さて、燃費レポートの第12報です。第9報から隔週で燃費レポートを掲載しているような気がするのは、目の錯覚です。前回の給油からの走行距離は541.1km、今回の給油量は56.77Lで、燃費は9.5km/L、燃費達成率は101.4%となりました(累積では、それぞれ9.5km/L、101.0%です)。燃費は、カタログ値を超えてはいますが、ここ最近ではかなり悪い方ですね。原因としては、鷲羽山スカイラインへ行った際に、倉敷市街地の渋滞に巻き込まれたのが大きいと思います。どうしても、ロータリーエンジンの場合、長時間のアイドリングは不得意としていますからねぇ…。

 ガソリン警告灯が点灯した状態で30km程度走ったのですが、心臓には良くないですね。10L程度は残っているので、その気になれば100kmくらいは走れるのですが、不測の事態を考えると、避けるべきなのでしょうか…。

■本日の給油
走行距離:541.1km 給油量:56.77L 燃費:9.5km/L 燃費達成率:101.0%

2012年7月 1日 (日)

鷲羽山

2012_07_01_001  岡山県の鷲羽山まで、“鷲羽山スカイライン”こと“岡山県道393号鷲羽山公園線”を走るために行ってきました。瀬戸内海と水島臨海工業地帯を望める観光用道路として、1970年に開通し、当初は有料道路でした。その後、1995年に無料開放されました。残念ながら、現在では瀬戸内海の眺望は殆ど期待できません(駐車場が全て閉鎖)。一方、水島臨海工業地帯や児島市街地の夜景は、現在でも眺められるそうです。

 観光用道路としての側面が失われた反面、瀬戸大橋の開通による交通量の激減によって、車好きが集まるスポットに生まれ変わりました。豊富なコーナーに、適度なアップダウン、スポーツカーにお誂え向きの“峠です。事実、昨今のエコカー(笑)ブームなど、どこ吹く風なくらいのスポーツカーが走っていました。まぁ、クラッシュして横転した車もいましたが…(どうしてこうなった!)。

2012_07_01_002  鷲羽山の展望台や山頂からは、瀬戸大橋を中心に、瀬戸内海を一望することができます。“瀬戸大橋”と総称されている橋に関しては、“下津井瀬戸大橋”から“番の州高架橋”まで、全てを見ることができます。

 往路は、順当に山陽自動車道経由でしたが、復路は敢えて岡山自動車道と中国自動車道経由にしました。距離は2倍近くに増えてしまうのですが、中国自動車道の方が、走っていて気持ちが良いですね。倉敷市街の渋滞、お断りします。

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

ウェブページ

他のアカウント

無料ブログはココログ