フォト

twitter

初音ミク - Project DIVA -

ドルフィードリーム

  • 初音ミク × Dollfie Dream(R) 雪ミク × Dollfie Dream(R)

大図書館の羊飼い

  • 『大図書館の羊飼い-Dreaming Sheep-』2014年3月28日発売予定、11月29日より全国のPCショップで予約受付開始です。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月26日 (日)

滝本ダム、温井ダム、王泊ダム、柴木川ダム

2013_05_26_001_2  梅雨入り、台風襲来に備えて各地のダムが、常時満水位から洪水期制限水位に水位低下放流が行われるかと思います。そんな中、太田川水系滝山川の“滝本ダム”“温井ダム”、太田川水系滝山川の“王泊ダム”、太田川水系の“柴木川ダム”と、ダム巡りに行ってきました。

 今回、内容が盛りだくさんなので、普段の分量では収まりそうもないので、一部は続きをクリックして読んで戴ければと思います。1エントリーあたりに掲載する写真の枚数もこれまでの3枚に制限していましたが、8枚へと大幅に増やしています(いつも以上に、時系列が滅茶苦茶です)

2013_05_26_002_2  滝本ダムは、1959年竣工の重力式コンクリートダムで、中国電力の取水用のダムです。ダムとは銘打ってはいますが、堤高が14.7mと僅かに15mに届かず、分類上は堰にあたります(そのため、ダム便覧にも掲載されていません)。非常用洪水吐にクレストゲートが4門と放流管が1つあります。電力会社のダムですが、近隣住民の生活道路になっているようで、天端には自由に立ち入れます。外見としては、1960年頃までに竣工した中国電力の取水用のダム・堰としては、よく見かける形状です。規模は小さくても、趣があって良いですよね。

 ローラーゲートの巻き上げ機は、ゲートピアの直上に設けられていることが多いです。この滝本ダムと後述の柴木川ダムは、巻き上げ機を天端に設置して、ゲートピアに設けられた滑車を介してゲートの開閉を行っています。しかも、巻き上げ機は2つのゲートの間に設けられているので、構造的には色々と不利なように思えます。巻き上げ機の点検・整備が、天端から容易に行える以外に、どんな利点があるのか気になります。

2013_05_26_003  温井ダムは、1974年着工、2001年竣工のアーチ式コンクリートダムです。堤高156mは、黒部ダムの186mに次いでアーチ式としては、日本第二位の高さを誇ります。あらゆる形式のダムでも、浦山ダム、宮ヶ瀬ダムと並ぶ日本第六位と、日本有数の規模を誇ります。西日本では、一ツ瀬ダムの130mを大幅に上回る随一の高さを誇ります。非常用洪水吐にクレストゲート5門、常用洪水吐にコンジットゲート4門、中位標高放流設備にホロージェットバルブ2門があります。さらに、日本最大級の選択取水設備が、ダム堤体とは別に設けられています。

 温井ダムは、毎年6月11日から10月25日までを洪水期と設定しています。そのため、4月から5月にかけて、常時満水位から洪水期制限水位まで下げる水位低下放流を行っています。平日は1日に1回、日曜日は1日に2回、ホロージェットバルブから15分間の放流を行っています。しかも、ダム堤体下部からその様子を見学することのできる観光放流も兼ねていることもあって、多くの家族連れが訪れていました。

続きを読む "滝本ダム、温井ダム、王泊ダム、柴木川ダム" »

2013年5月19日 (日)

RX-8燃費レポート(第33報)

 小型・軽量・高出力のロータリーエンジンに、1.5倍の通称“ロータリー係数”を掛けるのは、エンジンのダウンサイジングを図る上での障壁になっていると思う今日この頃です。

 さて、燃費レポートの第32報です。ゴールデンウィーク、実家への帰省の復路で使った分の給油です。前回の給油からの走行距離は594.1km、今回の給油量は54.51Lで、燃費は10.9km/L、燃費達成率は115.9%となりました(累積では、それぞれ9.9km/L、105.7%です)。渋滞のメッカとされる中国道の宝塚東・宝塚西トンネル手前で、渋滞に巻き込まれていましたが、燃費への影響は殆どなかったようです。普通なら、山陽道経由の所を神戸JCTから北房JCTまで、中国道を経由したのが良かったのかも知れません。距離が増えた分、消費するガソリンの量が増えるなどと野暮なことを言ってはいけません。

 ようやく、フルタンクからガソリン警告灯が点灯するまでの航続距離が600km台に乗ってきました。一度に走れる距離が増えると、遠出をする際の計画が楽になって良いですね。ガソリンスタンドの下調べって、以外と面倒ですから…。

■本日の給油
走行距離:594.1km 給油量:54.51L 燃費:10.9km/L 燃費達成率:115.9%

2013年5月 5日 (日)

RX-8燃費レポート(第32報)

 ハイブリッドカーの燃費が、高速道路で良くないというのは、重いバッテリーとモーターがデッドウェイトになっていることもさることながら、あれだけの速度(軽くオービスに引っ掛かると思われ)で、走っていれば無理もないと思う今日この頃です。

 さて、燃費レポートの第32報です。ゴールデンウィーク、実家への帰省の往路他で使った分の給油です。前回の給油からの走行距離は544.4km、今回の給油量は55.29Lで、燃費は9.9km/L、燃費達成率は104.8%となりました(累積では、それぞれ9.9km/L、105.3%です)。高速道路を使ったにも関わらず、燃費は10km/Lに届きませんでした。恐らく、蓮ダムへ向かう途中、奈良県道105号中和幹線で渋滞に巻き込まれたのが原因でしょう。まぁ、奈良県には、名ばかりのバイパスが数多くありますから、致し方ありませんが…。

 大型連休期間中、高速道路を走るのは深夜から早朝に限りますね。日中は、普段にも増して車が多いですし、普段は見かけないような挙動不審な車もちらほらと見かけますし…。

■本日の給油
走行距離:544.4km 給油量:55.29L 燃費:9.9km/L 燃費達成率:104.8%

2013年5月 3日 (金)

蓮ダム

2013_05_03_001

 ゴールデンウィーク、実家に帰省しているので、近畿地方のダム巡りです。三重県は、櫛田川水系蓮川の“蓮ダム”に行ってきました。

 蓮ダムは、1971年着工、1991年竣工の重力式コンクリートダムです。非常用洪水吐にクレストゲート4門、常用洪水吐にコンジットゲート3門、選択取水設備があります。選択取水設備から取り込んだ水は、水力発電に使われる他、右岸の副放流設備、左岸のホロージェットバルブから放流されるようです。また、ダム湖の水質改善を図るため、表層曝気循環装置と呼ばれる噴水が設けられています。

2013_05_03_002  この蓮ダム、規模こそ異なりますが、着工・竣工年がほぼ同じ広島県の“弥栄ダム”と雰囲気が良く似ています。直線的に立ち上がる堤体は、この時代に作られた重力式コンクリートダムの特徴とも言えます。クレストゲート4門にラジアルゲート、コンジットゲートに高圧ラジアルゲート3門というゲート構成は全く同じです。

 管理所のすぐ近くには、ダムを俯瞰することのできる展望台が設けられています。ダム下流には“平瀬橋”と呼ばれる吊り橋があり、ダム堤体を正面から望むことができます。クレストやコンジットからの放流時であれば、迫力ある光景が見られるでしょうね(そんな時に立ち入れるとは思えませんが…)

2013_05_03_003  国土交通省管轄のダムなので、ダムカードを配布しているはずなのですが、管理所の門は閉ざされており、貰うことができませんでした(平日であれば、問題なく貰えるのではないかと思います)。風光明媚な香肌峡にあって、もう少し整備すれば、良い観光名所になるのではないでしょうか。

 奈良県、滋賀県、三重県の3県には、個人的に行ってみたいと思うダムが多いので、大型連休等を利用して足を運んでいきたいです。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

ウェブページ

他のアカウント

無料ブログはココログ