フォト

twitter

初音ミク - Project DIVA -

ドルフィードリーム

  • 初音ミク × Dollfie Dream(R) 雪ミク × Dollfie Dream(R)

大図書館の羊飼い

  • 『大図書館の羊飼い-Dreaming Sheep-』2014年3月28日発売予定、11月29日より全国のPCショップで予約受付開始です。

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月22日 (日)

布部ダム、美保関灯台、新出雲ウィンドファーム、日御碕灯台

2013_09_22_001 三連休の中日、島根県まで行ってきました。向かったのは、斐伊川水系飯梨川“布部ダム”“美保関灯台”“島根原子力館”“新出雲ウィンドファーム”“日御碕灯台”です。定番の出雲大社や宍道湖は、見事に素通りするという行程でした。一部は続きをクリックして読んで戴ければと思います。

 布部ダムは、1963年着手、1967年竣工の重力式コンクリートダムで、常用洪水吐にオリフィスゲーム2門、非常用洪水吐にクレストゲート1門の他、用水放水管を備えます。このオリフィスゲートは、天端に巻き上げ機を設置を設置して、長いワイヤーを介してラジアルゲートを開閉する珍しい方式です。一般的に、オリフィスゲートにラジアルゲートを採用する場合、堤体内に収めて油圧シリンダーで開閉します。この年代に造られたダムで、他にオリフィスゲートを備えたダムに行ったことがないので、年代によって違うのかも知れませんが…。

2013_09_22_002 布部ダムを後にして、国道432号線を一気に駆け下ります。途中出雲市行きの下り「サンライズ出雲」を偶然にもオーバーパスしました。汽水湖の中海に架かる島根県道338号線の中海大橋と江島大橋、国道431号線の境水道大橋を渡って、島根半島の東端に位置する美保関灯台を目指します。

 美保関灯台は、山陰最古の灯台で、世界灯台100選や日本灯台50選にも選ばれています。1898年に建設された当時は、第1等灯台でした。現在はビュッフェとして使用されている旧吏員退息所と併せて、灯台としては登録有形文化財に登録されています。初代のフランス製の第1等フレネルレンズも展示されています。塔高は14mとあまり高くありませんが、きれいな白壁が印象的な灯台です。これで、中国地方にあるAランクの保存灯台は、角島灯台、日御碕灯台、美保関灯台と全て制覇しました。ちなみに、灯火標高そのものは、島根半島地蔵崎の断崖絶壁に建設されていることもあって、実は82.91mもあります。

続きを読む "布部ダム、美保関灯台、新出雲ウィンドファーム、日御碕灯台" »

RX-8燃費レポート(第41報)

 慢性的に自由対している幹線道路やすれ違いが困難な狭隘道路の改良が一向に進まない現状を踏まえると、道路特定財源制度の何が問題なのか理解に苦しむ今日この頃です。

 さて、燃費レポートの第41報です。三連休中日の遠出前の継ぎ足し給油です。前回の給油からの走行距離は481.4km、今回の給油量は45.57Lで、燃費は10.6km/L、燃費達成率は112.4%となりました(累積では、それぞれ10.1km/L、107.1%です)。継ぎ足し給油とはいいつつも、流石に消費量が普段の給油量の8割となると、遜色ない燃費です。いよいよ、年間を通して最も燃費が良い時季がやってきわけですが、新記録達成はなるでしょうかね。

 世の中、早朝に給油するとお得なんて話がありますが、そんなことはあり得ない話です。まぁ、理屈の上ではあり得る話なのですが、売上に直結する計量がそんな素人が思いつく程に、杜撰なわけがないという話ですよ。

■本日の給油
走行距離:481.4km 給油量:45.57L 燃費:10.6km/L 燃費達成率:112.4%

2013年9月21日 (土)

Xperia feat. HATSUNE MIKU SO-04E

2013_09_21_001

 これまで、ケータイは2年以上は同じ機種を使用するのが常でしたが、僅か1年2ヶ月で機種変更しました(ちなみに、月賦は10回分残っています)。変更した機種はもちろん、初音ミクとSONYのXperiaのコラボレーションスマートフォン“Xperia feat. HATSUNE MIKU SO-04E”です。

 幸運にも10,000万台のWEB限定抽選先行予約に当選し、無事に39,000台限定の“ミクスペリア”に機種変更することができました。これまで、2台目以降はシャープ製のケータイを愛用してきましたが、5台目にしてソニー製に鞍替えです(ちなみに、1台目は今はなき三菱製)。業績不振で、何振り構わずなブランドは、ミクさんの前では無力だったと言うことです。

2013_09_21_002 本体のデザインはもちろん、ホーム画面やアプリ、プリインストールデータ、各種付属品に至るまで、徹底した“みっくみく”仕様です。しかも、ベースは2013年夏モデルのフラッグシップモデル、Xperia A SO-04Eですから、スマホとしての性能としても遜色ありません。強いて欠点を挙げるとすれば、カバーを外さないと使えない充電スタンドと、作りがいかにもソニーらしいという点でしょうか…(要するに取り扱いにかなり気を遣う)。ケースを選ばないという点では、AQUOS PHONEのワイヤレス充電は理に適っていたということです。取り敢えず、出先で使うアプリなどの環境を早々に整えないといけません。

つながる、見つける、感じる。

2013年9月15日 (日)

岩国航空基地際2013

2013_09_15_001 海上自衛隊岩国基地で開催された“岩国航空基地際”に、初めて行ってきました。今年は、第31航空群開隊40周年記念の航空際です。アメリカ海兵隊主催の“フレッドシップデー”が、今年から開催されなくなってしまったため、岩国航空基地で開催される数少ないイベントです。

 航空機の地上展示や展示飛行、体験搭乗をはじめ、様々なイベントが基地内で開催され、多くの来場者で賑わっていました。正直なところ、こんなにも来場者が多いとは思いませんでした…(帰りの岩国駅行きシャトルバス待ちの壮絶な列を尻目に、卸売市場行きシャトルバスに乗っていました)

2013_09_15_002 岩国航空基地所属のUS-1A、US-2、OP-3C、MCH-101の他、T-5、SH-60K、F-15、T-4、U-125、F/A-18、A-6といった他の自衛隊基地やアメリカ軍所属機と、様々な機体が展示されていました(残念ながら、話題沸騰中のMV-22の展示はありませんでした)。地上展示だけでなく、一部の機体は展示飛行も行っていました。これまで、こんなにも近くで飛行するところを見たことがなかったので、その爆音の凄まじさに圧倒されっぱなしでした。どの機体も迫力ある展示飛行でしたが、その中でもかつては“世界最強の戦闘機”と謳われたF-15の迫力は、別格でしたね。改良型も含め、初飛行から40年以上が経過しても尚、多くの国で主力機として運用されていますし、驚くべき事に未だに発展型の開発が行われているのですから、その潜在性能は伊達ではありません。

2013_09_15_003 普段、近くで見ることのできない機体を間近で見られるというだけあって、熱心な航空ファンが数多くいました。世間で、バズーカ砲と揶揄される大口径超望遠レンズが、あちらこちらにいるのですからね…(わけがわからないよ)

 初めて、飛行機の撮影に挑戦したのですが、技術的にも機材的にも課題が山積です。プロペラ機の飛行速度でさえ、フレーミングが精一杯でした。もう、F-15に至っては、フレーミングさえ満足にできませんでした…。そもそも、走行中の新幹線の写真さえ撮ったことがなかったりします。取り敢えず、来年までにテレコンバータと新しいズームレンズは導入しようと思います。

2013_09_15_004 ちなみに、抽選で選ばれた人は、自衛隊機への搭乗という貴重な体験をできます(事前応募の競争倍率は60倍だとか…)。当日抽選分もあったので、ダメ元で応募してみましたが、やっぱりダメでした…。

 最後の外来機帰投まで見届けて岩国航空基地を後にしてからは、雙津峡温泉に立ち寄ってから帰りました。普段なら、往路は山陽道経由、復路は中国道経由なところですが、復路も山陽道経由にしました。やはり、夜間に中国道を走るのは、どことなく気が引けます。

2013年9月13日 (金)

大図書館の羊飼い ~ 放課後しっぽデイズ ~

2013_09_13_001_2 オーガストの最新作である「大図書館の羊飼い ~ a good librarian like a good shepherd ~」のスピンオフ作品「大図書館の羊飼い ~ 放課後しっぽデイズ ~」が届きました。この夏のコミックマーケット84で先行発売され、その後の夏込みグッズ販売分です。

 これまで、オーガスト作品と言えば、べっかんこう氏が一貫して原画を担当してきましたが、この作品は原画補助を務めていた夏野イオ氏が担当しています。本編に比べて、ボリュームは少ないと思うので、さくっとクリアしたいと思います。結局、本編のクリアに半年も要し、前作は積みゲーのままというのは、内緒です。

2013年9月 8日 (日)

ねんどろいど 初音ミク FamilyMart 2013 Ver.

2013_09_08_001  昨年、全国のミク廃を熱狂の渦に巻き込んだあのイベントが、“ミクLOVESファミマ♪キャンペーン 2nd”として再来です。もちろん、豪華な賞品が目白押しのHappyくじも開催されます。ミク廃の財布から、諭吉達を駆逐する“ミクノミクス”恐ろしや…。何とか、無事にA賞の“ねんどろいど 初音ミク 水着Ver. & FamilyMart 2013 Ver.”とLast賞の“ねんどろいど 初音ミク 水着Ver. FamilyMartカラー”を揃ってお迎えすることができました。

 まずA賞は、お馴染みのファミリーマートの制服に身を包んだミクさんです。一見すると去年と同じように見えますが、リボンやスカートがファミマカラーになっています。

2013_09_08_002 そして、ねんどろミクさんも遂に堂々の水着デビューです。しかも、大胆にもいきなりのビキニです!A賞はミクさんのイメージカラーの水着と黄色のパーカー、Last賞はファミリーマートカラーの水着とパーカーです。ゴーグルにシュノーケルのオプションパーツ付で、夏のバカンス真っ盛りといったところです。そして、Apendミクさんやレーシングミクさんと違って、ミクさんらしい慎ましい胸が好印象です。どこかで、ワンピースよりもセパレートの方が、身体のラインが目立ちにくいので、ミクさんみたいな人はセパレートの方が良いとか聞いたことがあります。

2013_09_08_003  オプションパーツは、ゴーグル、シュノーケル、ファミチキ、レジ袋、買い物かごが、A賞とLast賞の共通になっています。更に、A賞には、レジカウンターとヘルプアシスタントイルカが付いてきます。思わず、某オフィススイートのヘルプアシスタントに、“お前を消す方法お前と入れ替わる方法”を検索しそうになりました。

 ちなみに、B賞のリンちゃんにはレジスター、C賞のレン君には肉まんセットがオプションパーツとして付属しています。二人も揃ってお迎えできた方は、ファミリーマートを再現できちゃったりします。

2013年9月 1日 (日)

RX-8燃費レポート(第40報)

 消費者の車に対する意識の低下が進行するにつれて、開発者の意識も低下し、更なる消費者の車に対する意識の低下に繋がっているように感じる今日この頃です。

 さて、燃費レポートの第40報です。お盆休みを利用した実家に帰省した復路が主ですが、渋滞のメッカも難なく通過できました。前回の給油からの走行距離は647.1km、今回の給油量は58.54Lで、燃費は11.1km/L、燃費達成率は117.6%となりました(累積では、それぞれ10.1km/L、106.9%です)。一回あたりの給油量が、これまで過去最高だった57.21Lを更新しましたが、燃料計がEラインを下回りつつある状況は、気分的に宜しくありませんね。

 満タン給油して、実際にタンクに入っているガソリンの量は、どれくらいなのでしょうね。ガソリン警告灯が点灯してから給油しても、給油量からは10L弱は残っている計算にはなるのですが…。

■本日の給油
走行距離:647.1km 給油量:58.54L 燃費:11.1km/L 燃費達成率:117.6%

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

ウェブページ

他のアカウント

無料ブログはココログ