フォト

twitter

初音ミク - Project DIVA -

ドルフィードリーム

  • 初音ミク × Dollfie Dream(R) 雪ミク × Dollfie Dream(R)

大図書館の羊飼い

  • 『大図書館の羊飼い-Dreaming Sheep-』2014年3月28日発売予定、11月29日より全国のPCショップで予約受付開始です。

« 末武川ダム・川上ダム | トップページ | RX-8燃費レポート(第44報) »

2013年10月26日 (土)

帝釈峡・帝釈川ダム

2013_10_26_001 日本百景に数えられ、広島県を代表する景勝地である“帝釈峡”まで行ってきました。この帝釈峡にあり、龍の形に似ていることから神龍湖と名付けられたダム湖を作り出しているのが、高梁川水系帝釈川の“帝釈川ダム”です。

 帝釈川ダムは、2002年着手、2006年竣工の重力式コンクリートダムです。元々は、1923年(なんと、大正12年!)竣工の非越流型重力式コンクリートダムで、1931年、1966年、2002~2006年の三度の改修を経て、現在の姿になっています。何れも老朽化と能力増強のための改修であり、特に三度目の改修は、かなり大規模なものになります(工事の見学に行かれた方の写真を見ると凄いっ!)。堤体には、洪水吐としてクレストゲート2門と選択取水設備、左岸部にトンネル型洪水、発電用取水口を備えます。

2013_10_26_002 このダムを語る上で忘れてはいけないのが、その堤高堤長比(縦横比)です。堤高62.4mに対して、堤長は僅かに39.5mしかなく、縦横比1.58という超縦長ダムなのです!改修前は、堤高62.1m(竣工時の56.4mを1933年に6m嵩上げ)に対して、堤長は35.2m、縦横比1.76と更に超縦長です。改修前と改修後、どちらも日本一の縦長です(そもそも、縦長のダム自体が希少価値なのです!)。その姿は、まさに断崖絶壁の渓谷に打ち込んだ“楔”といったところです。天端に降り立ったときの独特の雰囲気は、他のダムでは味わえないものがあります。しかし、昔の技術者って、こんな場所にダムを造ろうと思って、実際に作ってしまうのですからねぇ…。ちなみに、竣工時は、同年に日本で初めて堤高50m越えを果たした大井ダム(堤高53.4m)を抑えて、日本一の堤高を誇りました。

2013_10_26_003 神龍湖の遊覧船は、帝釈川ダムまで周遊しているので、太郎岩と呼ばれる岩盤を背景に、堤体裏から鑑賞することができます。ダム建設によって景観が破壊されるという理由で、建設に反対する人もいますが、ダム建設によって、すばらしい景観が生まれることがあることも示しているのが、この帝釈川ダムです。

 紅葉シーズンということもあり、混雑しているかと思っていたのですが、そうでもなかったです。どうも、ここ数年は、遊歩道の落石等の影響で観光客が減少しているようです。帝釈川ダムもダムクラスタでもなければ、行かないでしょうし…(電力会社管轄のダムに、それを求めるのは筋違いかもしれませんが)。一言でまとめるなら、“おしい!広島県”ですね。

« 末武川ダム・川上ダム | トップページ | RX-8燃費レポート(第44報) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

橋梁・ダム・トンネル」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581031/58460269

この記事へのトラックバック一覧です: 帝釈峡・帝釈川ダム:

« 末武川ダム・川上ダム | トップページ | RX-8燃費レポート(第44報) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ウェブページ

他のアカウント

無料ブログはココログ