フォト

twitter

初音ミク - Project DIVA -

ドルフィードリーム

  • 初音ミク × Dollfie Dream(R) 雪ミク × Dollfie Dream(R)

大図書館の羊飼い

  • 『大図書館の羊飼い-Dreaming Sheep-』2014年3月28日発売予定、11月29日より全国のPCショップで予約受付開始です。

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月26日 (土)

ねんどろいど 雪ミク Magical Snow Ver.

2014_07_26_001 関東を中心に記録的大雪を招きながら舞い降りてきた“ねんどろいど 雪ミク Magical Snow Ver.”を約半年遅れでお迎えしました。2013年の少し大人っぽい雰囲気の白無垢から一転、元気いっぱいでお茶目な雰囲気の魔法少女となりました。

 デザインは、ピアプロでの公募、ニコニコ生放送での視聴者投票によって選ばれたdera_fury氏によるものです。魔法少女モノには、お約束となっているお供のマスコットキャラとして、nekosumi氏がデザインのラビット・ユキネが付いてきます。

2014_07_26_002 外見は、雪をイメージさせる白色を基調としたとんがり帽子にマントと、典型的な古き良き魔法少女といったところです。やはり、ブリザガといった氷系魔法が得意なのでしょうね。ただでさえ天使なミクさんが、魔法少女になると向かうところ敵なしな気がします。まぁ、駆け出しの魔砲少女なので、魔法対決になったら某魔砲少女あたりの返り討ちに遭いそうですけれど…。

 オプションパーツは、魔法エフェクトの付いた魔法ステッキ、魔方陣、魔法書が付いてきます。ミクさんが手にしている魔法書は、外装箱と小物入れにもなる台座と同じデザインになっています。

2014_07_26_003 座りパーツでラビット・ユキネを抱っこしながら一生懸命に魔法の勉強に勤しむ姿も楽しめます。ユキネさん、お願いですからその場所を変わって戴けないでしょうか?

 雪ミクのかける冬の魔法で、暑い夏を乗り越えることができればと思います。まぁ、39(ミク)℃のとろけそうな日になんてなったら、そのまま雪ミクさんもとろけて魔法が使えないなんて可能性は否定しませんが…。

2014年7月21日 (月)

ねんどろいど 雪ミク いちご白無垢Ver.

2014_07_21_003 これまで、お迎えすることができていなかった、“ねんどろいど 雪ミク いちご白無垢Ver.”をお迎えすることができました。2010年冬から続く恒例の雪ミクですが、2014年のMagical Snow Ver.をお迎え予定になると、揃ってお迎えしたくなるのは、自明の理です。ねんどろ沼恐るべし…。

 2013年の雪ミクは、ピアプロでの公募されたデザインの中から、ニコニコ生放送での視聴者投票にて選ばれた虹汰氏の少し大人っぽい雰囲気の白無垢姿です。これまでの雪ミクは、普段のイメージを元にしたデザインでしたが、一転して花嫁衣装の如き純真さです。

2014_07_21_004 いちご大福をもした綿帽子は、脱着可能になっています。髪型もお団子と普段のツイントールの二種類があります。

 オプションパーツは、雪の日にピッタリの番傘と雪うさぎの他、雪ミクをいちご大福に見立てたとしか思えない和盆と爪楊枝という和菓子テイストなものまで付いてきます。確かに、ねんどろいどの造形の細かさと可愛さは、和菓子に通じるものがあるので、これはこれで間違っていないかと思います。ちなみに、ミクさんのことは常日頃から(性的な意味で)食べたいと思っていることを否定するつもりはありません(キリッ

2014_07_21_005 細かいパーツが多く、各部がすぐに干渉するため、あまりあれこれして遊べそうにはありません(と言いますか、壊しそうで怖くて遊べない)。どちらかと言うと、御姿を堪能して愛でるべきなのかもしれません。もちろん、外に連れ出したりするのことが悪いわけではなく、お楽しみの仕方は人それぞれです。

 まだ、お迎えしていない雪ミクさんも、折を見てお迎えしたいと思います。期間限定かつ再販もないので、なかなか難しいとは思いますけれど…。

Canon EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM

2014_07_21_001 これまで、広角側は標準ズームレンズの18mm(35mm換算で29.2mm)が目一杯だったのですが、もう少し広角側があればと思うときがあったので、広角ズームレンズを導入してみました。単焦点レンズの導入以来、レンズを変えることで撮れる写真が違ってくることに、味を占めてしまった感じです。これが、世にも恐ろしいレンズ沼なのですか…。

 購入したのは、赤リングが目印のLレンズを除けば、最も広角なCanon EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STMです。同じEF-Sマウントで、広角側の焦点距離も同じ上位機種もありますが、こちらは手ブレ補正機構付きで、最短撮影距離も少し短いと、なかなか侮れないレンズです(ちなみに、絞りも1枚多い7枚絞りです)。

2014_07_21_002  APS-Cサイズは、35mmフルサイズに対して画角が狭いため、望遠側の焦点距離が1.5~1.7倍程度になるメリットがあります。広角側では、そのメリットがそっくりそのままデメリットになってしまいます。まぁ、35mmフルサイズとAPS-Cサイズのどちらが良いかというのは、一概には結論が出せない論点だと思います。

 このレンズも35mm換算すると16.2mmですが、これまでに比べれば約1.5倍の画角が得られるので、大いに期待しています。ちなみに、標準ズームレンズよりも上位機種だけに、レンズの大きさはこちらの大きいです。

2014年7月20日 (日)

RX-8燃費レポート(第57報)

 揮発油税の暫定税率には、3ヶ月間の平均小売単価が160円を超えるに至った場合は、暫定税率を停止するトリガー条項を廃止した民主党政権が許せない今日この頃です。

 さて、燃費レポートの第57報です。前回と同じく、仕事に翻弄されたおかげで、殆ど車に乗ることができず、1ヶ月以上も経ってしまいました。前回の給油からの走行距離は567.8km、今回の給油量は57.74Lで、燃費は9.8km/L、燃費達成率は104.6%となりました(累積では、それぞれ10.1km/L、107.1%です)。 若干、市街地での走行が多かった影響か、あまり燃費は伸びませんでした。いよいよ、梅雨が明けて夏の到来となり、エアコンを使わざるを得ないので、燃費は少し悪くなりそうです(まぁ、馬力には十分な余裕があるので、世間で言われる程には悪くなりはしませんけれどね)。

 ガソリンの値上がりが止まりませんね。近隣のセルフスタンドでも軒並み170円を突破し、180円に迫る勢いです(もちろん、ハイオクの値段です)。まぁ、気にしたところで仕方がないので、気にせずに給油するだけのことです。

■本日の給油
走行距離:567.8km 給油量:57.74L 燃費:9.8km/L 燃費達成率:104.6%

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

ウェブページ

他のアカウント

無料ブログはココログ