フォト

twitter

初音ミク - Project DIVA -

ドルフィードリーム

  • 初音ミク × Dollfie Dream(R) 雪ミク × Dollfie Dream(R)

大図書館の羊飼い

  • 『大図書館の羊飼い-Dreaming Sheep-』2014年3月28日発売予定、11月29日より全国のPCショップで予約受付開始です。

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月18日 (土)

RX-8燃費レポート(第76報)

 子供から大人まで、老若男女を問わずに欲しい車はエコカー(笑)と挙って回答するというのは、あまりにも夢がないと思う今日この頃です。

 さて、燃費レポートの第76報です。前回、前々回に引き続き、2週間毎の給油です。前回の給油からの走行距離は543.9km、今回の給油量は50.26Lで、燃費は10.8km/L、燃費達成率は115.1%となりました(累積では、それぞれ10.1km/L、107.6%です)。郊外の道を殆ど止まらずに走ったおかげか、歴代トップ10に入る好記録です。ガソリンの残量には、まだ余裕があるので、もう少し記録は伸ばせたかも知れません。

 久々に、夜の遅い時間帯に国道185号線を走りました。車が少なく、信号の多くが黄色点滅のため、殆ど止まることなく自分のペースで走れる快走路でした。遅い車や信号に捕まったりして、ペースが上がらない昼間とは大きな違いでした。

■本日の給油
走行距離:543.9km 給油量:50.26L 燃費:10.8km/L 燃費達成率:115.1%

2015年7月12日 (日)

ねんどろいど 雪ミク Snow Bell Ver.

2015_07_12_003 全国各地で猛暑日となる中、“ねんどろいど 雪ミク Snow Bell Ver.”を約半年遅れでお迎えしました。“北海道の冬をイメージした植物”がテーマということで、妖精のような雰囲気のミクさんです。4~6月に花を咲かせるすずらんを模しているので、雪ミクの“雪”成分は、少しばかり控えめな印象です(ちなみに、可愛い外見の対して、実は人が死ぬこともある程の有毒植物だったりするそうです)

 デザインは、ピアプロでの公募、ニコニコ生放送での視聴者投票によって選ばれた、たらん氏によるものです。お供のラビット・ユキネのデザインは、羽雪氏によるものです。

2015_07_12_004 外見は、北海道をはじめとする地域の先住民族のアイヌ民族の民族衣装っぽい雰囲気があります。表情パーツは、笑顔が2種類とにっこり顔が付いてきます。

 オプションパーツは、すずらんのランプ、葉っぱの傘、ト音記号を模したすずらんのすずと、植物をイメージしたものが付属しています。ちなみに、スーパーファミコン時代のロールプレイングゲームで、魔法使い系のキャラクターが装備できそうな武器に見えてくるのは、私だけですかねぇ…。

2015_07_12_005 専用のすずらん台座は、実際に鈴の音がする豪華仕様です。座りパーツもあるので、すずらんの葉にちょこんと腰掛けされることができます。ねんどろいどの雪ミクは、このあたりの付属品が、いつも豪華ですよね。

 “ミクポックル”の愛称で親しまれ、モチーフがモチーフなだけに、自然との親和性はかなり高いようです。そのためか、ねんどろいど野外撮影勢には、題材として人気があります。

初音ミク HSP ver.

2015_07_12_001 1/7スケールフィギュアの“初音ミク HSP ver.”をお迎えすることができました。時にトランス界の世界的ミュージシャンのHiroyuki ODA、時に人気イラストレーターのかんざきひろ氏、時に作画監督も務めるアニメーターの織田広之氏、そして伝説のミクトランスマスターの鼻そうめんPによるアレンジバージョンです。HSPは、Hana Soumen Pの略です。

 頭身が低めで、ほっぺだがぷにぷにとした、少しロリっぽい幼い印象のミクさんが、イラストそのままに再現されています。1/8スケールのフィギュアと比較すると、スケールの違い以上のボリューム感があります。

2015_07_12_002 ショルダーキーボードからのアンプコードは、鼻そうめんP御本人を模した謎の生き物に繋がっています。アンプ機能を持った生き物なのか、はたまた、そういうアレなのか…。ボリュームたっぷりのツインテールは、クリア素材の上から塗装した、透明感のある仕上がりです。

 スカートは、キャストオフすることができるので、少し子供っぽいデザインのパンツを堪能することができます。個人的に、ミクさんには、こういうデザインのパンツがよく似合うと思っています。

 国内では、イラストレーター/アニメーターとしてお馴染みですが、数々の楽曲は、何れも超一級品です。是非、至高のミクトランスを目と耳で堪能してみては、如何でしょうか。

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

ウェブページ

他のアカウント

無料ブログはココログ