フォト

twitter

初音ミク - Project DIVA -

ドルフィードリーム

  • 初音ミク × Dollfie Dream(R) 雪ミク × Dollfie Dream(R)

大図書館の羊飼い

  • 『大図書館の羊飼い-Dreaming Sheep-』2014年3月28日発売予定、11月29日より全国のPCショップで予約受付開始です。

« 狭山池ダム、滝畑ダム | トップページ | RX-8燃費レポート(第95報) »

2016年5月 2日 (月)

青土ダム、日野川ダム、永源寺ダム

2016_05_02_001 昨日に引き続き、実家に帰省しているのを利用して、ダム巡りに行ってきました。向かった先は、淀川水系野洲川の“青土ダム”、淀川水系日野川の“日野川ダム”、淀川水系愛知川の“永源寺ダム”です。

 青土ダムは、1966年着手、1987年竣工のロックフィルダムです。常用洪水吐にオリフィスゲート3門、非常用洪水吐にクレストゲート2門の他、選択取水設備を備えます。このダム最大の特徴は、なんといってもオリフィスとクレストに2門ずつ構えた“グローリーホール”に近い自由越流堤の半円形“ダム穴”でしょう。

2016_05_02_002 一つとして波紋のない静かな湖面に、ブラックホールの如くぽっかりと空いた2つの穴、国内に数少ないダム穴のあるダムとしては、随一の美しさを誇ると思います。ただでさえ珍しいダム穴が、常用と非常の2門ずつという構成は、国内には類のないダムであることは間違いないでしょう(パンフレットには、世界にも例のない形をした洪水吐と記載されているとかいないとか)。

 ちなみに、3門目のオリフィスゲートは、自由越流堤の間に隠されています。天端から見える予備ゲート代わりの角落としと、下流側から僅かに見える、ラジアルゲートが目印です。上流側からだと4門、下流側からだと3門と、ちょっと不思議な見え方のするダムです。

2016_05_02_003 日野川ダムは、1961年着手、1965年竣工のロックフィルダムです。洪水吐に、ジェットフローゲート付(ゲートインゲート)ローラゲートを2門備えます。洪水吐は、ダム本体から独立しています。ダム巡りのエントリーなのに、ダム本体の写真じゃないかという突っ込みは、禁則事項です。

 ダム本体は、アースダムのようなロックフィルダムです(細かい河床砂れきを使用したグラベルフィルダム)。アース形式の脇堤は、堤高19m、堤長388mという立派なものです。

2016_05_02_004 永源寺ダムは、1952年着手、1972年竣工の重力式コンクリート・ロックフィル複合ダムです。洪水吐にクレストゲート4門の他、選択取水設備を備えます。

 堤長392mのうち、左岸側の272mが重力式コンクリートダム、右岸側の120mがロックフィルダムになっています。高堰堤としては、日本最初の試みだそうです。堤高73.5mは、複合ダムとしては国内第4位の高さを誇ります。

 道中、蔵王ダムと宇曽川ダムにも立ち寄って、ダムカードを貰ってきました。クレストゲートから常時越流している野洲川ダムにも立ち寄りましたが、配布は終了していました。

« 狭山池ダム、滝畑ダム | トップページ | RX-8燃費レポート(第95報) »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

橋梁・ダム・トンネル」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581031/63571085

この記事へのトラックバック一覧です: 青土ダム、日野川ダム、永源寺ダム:

« 狭山池ダム、滝畑ダム | トップページ | RX-8燃費レポート(第95報) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

ウェブページ

他のアカウント

無料ブログはココログ