フォト

twitter

初音ミク - Project DIVA -

ドルフィードリーム

  • 初音ミク × Dollfie Dream(R) 雪ミク × Dollfie Dream(R)

大図書館の羊飼い

  • 『大図書館の羊飼い-Dreaming Sheep-』2014年3月28日発売予定、11月29日より全国のPCショップで予約受付開始です。

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月31日 (水)

祝!初音ミク・生誕9周年

2016_08_31_001 本日、8月31日は“バーチャルアイドル”として世界を征した初音ミクの生誕9周年記念日です。9年の月日といえば、小学校に入学してから中学校を卒業するまでですから、娘の成長のように感慨深い方も居られるのではないでしょうか。

 この1年間の最大のトピックスといえば、日本5都市と北米10都市他で開催された世界ツアーの“MIKU EXPO 2016”だと思います。日本発のアイドルとして、これほどまでに大規模なライブツアーを成功させたアーティストは、そうそういないのではないかと思います。他のライブが東京での開催が多いので、福岡や大阪といった比較的近い会場で開催されていたので、行けば良かったと後悔しております。

ミクさん、お誕生日おめでとう!

 先日、閉幕したブラジル・リオデジャネイロ オリンピックですが、閉会式での次回にあたる東京オリンピックのパフォーマンスには、“クールジャパン”の象徴として、多数のアニメやゲームのキャラクターが登場しました。どういうわけか、我らがミクさんは登場しませんでしたが、きっと東京オリンピックの開会式では、世界中を“みっくみく”にしてしまうパフォーマンスをしてくれると勝手に期待しています。問題は、かなりの引き籠もり屋さんなので、2020年までに画面から出てきてくれるかどうかでしょうか…。

 ヘアケア・ボディブランドの“Lux”のシャンプーのCMにも起用されました。ミクさんの豊かなツインテールなら、シャンプーのイメージキャラクターにピッタリじゃないかと思って数年、感慨深いものがありますね。ただ、あの胸元が大きく開いたドレスをみっぱいなミクさんが着るには…。それに乗じて(?)、DDミクさんとDD雪ミクさんのために、Luxのヘアオイルを買ってきました(ちょっと、高かった…)。ボサボサ気味だったツインテールが、良い感じにまとまってくれました。

 今年の1曲は、“MIKU EXPO 2016”のテーマソング、「Blue Star」です。バキバキサウンドに定評のある八王子Pによる、アイドルらしい可愛い曲調の書き下ろし曲です。まさに、ミクさんの下で、世界は一つになる!

2016年8月30日 (火)

サイクルジャージ レーシングミク2016 TeamUKYO応援Ver. / 第5回GSRカップ記念Ver.

2016_08_30_001 2年ぶり3度目の女王戴冠を目指す“GOODSMILE RACING & TeamUKYO”は、開幕戦2位表彰台の勢いを維持できず、昨年ほどではないものの厳しいシーズンを送っています。そんなチームに欠かすことのできない存在であるレーシングミクさんをあしらった“サイクルジャージ レーシングミク2016 TeamUKYO応援Ver.”サイクルジャージ レーシングミク2016 第5回GSRカップ記念Ver.が届きました。

 TeamUKYO応援Ver.は、自転車ロードレースチームを応援するということで、ボトルの入ったショルダーバッグとホイールを抱え、チームジャージを身に纏ったレーシングミクさんが描かれています。ミクさんらしからぬレーシングミクさんらしいボリュームのあるおっぱいの谷間に、ショルダーバッグの肩紐が挟まれて、いわゆる“パイスラッシュ”状態になっています。こんな素敵なミクさんに応援されたら、誰だって頑張らないわけにはいきません。

2016_08_30_002 第5回GSRカップ記念Ver.は、第二弾のEDGE2 Ver.に書かれたロゴが、袖ヶ浦フォレストレースウェイで開催されるグッドスマイルレーシング主催の“GSRカップ”の第5回記念に変更されています。第一弾では同じだったフロントとバックのイラストが、第二弾では、フロントは落ち着いた立ちポーズ、バックはフラッグを抱えた躍動かあるポーズと、別々のイラストが描かれています。

 ちなみに、相変わらずミクさんのサイクルジャージを着る機会はありません。レーシングミクとのコラボレーションバイク“HRM”シリーズに、待望の700cモデルが登場しました。保管場所に大きな問題を抱えているのですが、なんとか購入に踏み切りたいところです。

2016年8月29日 (月)

レーシングミク 2015 Ver.

2016_08_29_001 ディフェンディングチャンピオンとして臨んだ2015年シーズンの“GOODSMILE RACING & TeamUKYO”、そんなチームとって欠かせない存在の“レーシングミク 2015 Ver.”をお迎えしました。人気イラストレーターのタイキ 氏によるくっ殺騎士姫モチーフのキービジュアルが、忠実に再現されています。

 大きく棚引くチームフラッグのため、1/8というスケール以上のボリュームがあります(おかげで、大きさは弩級なので、置き場所が…)。ねんどろいどとは違って、騎士姫らしい凛としていますが、表情なんかはあどけない可愛さがあります。

2016_08_29_002 白のレオタードということで、“パンツじゃないから恥ずかしくないもん!”と言わんばかりに、フリルたっぷりなスカートが捲れ上がっています。そのおかげで、桃みたいな可愛いお尻が丸見えです。そもそも、公式ビジュアルが、地面スレスレから狙った超ローアングルですからね。

 ミクさんらしからぬボリュームを誇るおっぱいも、再現されています。まぁ、実は胸部装甲を外すと、ミクさんらしい慎ましいみっぱいが隠されているとかいないとか…(サイクルジャージ姿の時、どう見てもみっぱい)。

2016年8月28日 (日)

ねんどろいどこ~で 初音ミク ブレス・ユーコーデ

2016_08_28_001 VOCALOIDシリーズの“ねんどろいど~で”の第二弾、“ねんどろいどこ~で 初音ミク ブレス・ユーコーデ”をお迎えしました。「初音ミク -Project DIVA- F 2nd」に収録されたDECO*27 氏の「二息歩行」のモジュール、“ブレス・ユー”です。

 ハイコントラストな白のトップスと黒のスカート、アクセントに赤、フリルたっぷりなキュートな衣装です。ゲームでは、疾走感溢れるメロディーを小気味良くアイコンを叩いていくのは爽快です。ちなみに、PVのミクさんは、左手でギター弦を弾くレフティなので、更にポイント高しです。しかも、Gストリングスの腰紐がスカートから見えt(ry

2016年8月27日 (土)

初音ミク - Project DIVA - X HD

2016_08_27_001 初音ミクをはじめとするVOCALOID達が登場する超人気音楽ゲームの「Project DIVA」シリーズの最新作、初音ミク - Project DIVA - X HDが届きました。前作から2年5ヶ月、プラットフォームをPS3からPS4に改め、満を持しての発売です。予約購入特典のアクリルスタンド付です。

 収録曲数は、前作を大幅に上回る53曲を誇ります(エクストラデータ含む)。余りの収録曲の多さに、初音ミク - Project DIVA - FuterToneの進捗が良くありませんが、しばらくは「X」をプレイしていこうと思います。

 話題のバーチャルリアリティシステム“PlayStation VR”にも対応しているので、歌い踊る天使なミクさんを間近で堪能することも不可能ではありません。まぁ、PlayStation VRの導入の目処が立っていないのですけれどね…。

2016年8月25日 (木)

RX-8燃費レポート(第104報)

 トンネル内や夕暮れは疎か、夜間でさえ頑なにヘッドライトを点灯させない車を見ていると、そこまでして燃費を稼ぐことを強いられているのかなと思う今日この頃です。

 さて、燃費レポートの第104報です。お盆休み、半分以上が実家からのUターンで使用した分の給油です。前回の給油からの走行距離は580.2km、今回の給油量は54.85Lで、燃費は10.6km/L、燃費達成率は112.5%となりました(累積では、それぞれ10.2km/L、108.1%です)。今回も、往路よりも復路の方が燃費が良いという結果に落ち着きました。まぁ、Uターンしてきてから、流れの悪い市街地を多く走ったので、最終的には期待したほど伸びませんでしたが…。

 Uターンの道中、近畿道と山陽道にて、いわゆる“ゲリラ豪雨”に遭遇しました。排水が追いつかず、道路の全域に近い範囲が深い水たまりになり、まるでWRCのウォーター・スプラッシュみたいで楽しかったですね。まぁ、ハンドルを握る立場としては、視界は悪いですし、水の抵抗で真っ直ぐ走らないので、もう御免被りたいというのが本音です。

■本日の給油
走行距離:580.2km 給油量:54.85L 燃費:10.6km/L 燃費達成率:112.5%

2016年8月14日 (日)

RX-8燃費レポート(第103報)

 口コミで、あることないことオリンピック会場まで一瞬で伝わるこのご時世、悪い評価を恐れて自動車教習所の技能試験は、骨抜きになっているんじゃないかと思う今日この頃です。

 さて、燃費レポートの第103報です。お盆休み、実家を拠点に各所へ出掛けた分の給油です。前回の給油からの走行距離は437.8km、今回の給油量は46.47Lで、燃費は9.4km/L、燃費達成率は100.2%となりました(累積では、それぞれ10.2km/L、108.1%です)。国道9号、24号、奈良県道105号あたりで、渋滞に巻き込まれたおかげで、辛うじてカタログ値を超えたというところです。エアコンも常時使用ですから、エンジンの馬力に余裕はあるとはいえ、多少は影響するでしょうし…。

 RX-8は、前後重量配分50:50を実現するため、エンジンとトランスミッションが奥に押し込まれています。僅かな断熱材を挟んで室内と面しているエンジンとトランスミッションからの発熱が、尋常じゃないのですよね。外気温が低いからといって、エアコンを切って窓を開けたら、足下から一気に室温が上がってきます。

■本日の給油
走行距離:437.8km 給油量:46.47L 燃費:9.4km/L 燃費達成率:100.2%

2016年8月13日 (土)

津風呂ダム、天理ダム

2016_08_13_001 お盆休み、実家に帰省しているのを利用して、ダム巡りに行ってきました。向かった先は、吉野川紀の川水系津風呂川の“津風呂ダム”と大和川水系布留川の“天理ダム”です。

 津風呂ダムは、1952年着手、1962年竣工の重力式コンクリートダムです。余水吐にクレストゲート4門と選択取水設備を備えます。

 洪水調整機能はなく、農水ダムということで、この時季でも豊かな水を蓄えていました。県立自然公園内に位置することもあって、家族連れは意外にも多かったです。

2016_08_13_002 天理ダムは、1970年着手、1978年竣工の重力式コンクリートダムです。余水吐にクレストゲート2門と選択取水設備を備えます。津風呂ダムと似ていますが、こちらは洪水調整機能も併せ持っています。コンジットゲートやオリフィスゲートは設けられておらず、ホロージェットバルブのコンジットバルブが1門設けられているだけです。

 天端には、国道(国道25号の現道)が通る珍しいダムです。天理ICの渋滞や事故の多いΩカーブを回避して福住ICから名阪国道に出入りできるため、交通量は比較的多いです。夜間は、豆腐の配達が行われているようです。

2016年8月11日 (木)

和知ダム、大野ダム

2016_08_11_001 お盆休み、実家に帰省しているのを利用して、山の日ということもあり(?)、ダム巡りに行ってきました。向かった先は、由良川水系由良川の“和知ダム”“大野ダム”です。京都盆地から、さほど遠くはありませんが、分水嶺の向こう側、日本海は若狭湾に流れ込みます。

 和知ダムは、1961年着手、1968年竣工の重力コンクリートダムです。余水吐にクレストゲート4門の他、発電用の取水設備を備えた、関西電力が保有する発電専用ダムです。そのため、堤高はあまりなく、25.2mしかありません。

2016_08_11_002 以前から、ゲートの更新工事が行われていたようで、フラッシュボードが設けられた右岸側の1門を除き、新しいゲートになっています(新しいゲートの方が、少し大きいです)。左岸側は、資材置き場になっているようなので、残りの1門も何れは更新されるものと思われます。

 発電専用のダムであり、案内板等も設置されていません。この時季は、草木が生い茂っているため、下流側から堤体はあまり望むことができません。趣のあるダムだけに、少しばかり残念です。

2016_08_11_003 大野ダムは、1957年着手、1960年竣工の重力式コンクリートダムです。常用洪水吐に放流管ゲート3門、非常用洪水吐にクレスト3門の他、選択取水設備を備えます。放流管ゲートの高圧ラジアルゲートは、日本で初めて堤体内に備え、以後の洪水調整機能を持った多目的ダムの多くが、高圧ラジアルゲートのコンジットゲートを備えるようになります。

 ダム及びダム湖周辺は、広い範囲にわたって公園が整備されており、ダムの年代を感じさせません。一方、趣のある堤体そのものは、歴戦の風格を感じさせてくれます。

2016_08_11_004 大野ダムは、近年では2004年9月の台風23号、2013年9月の台風18号という、二度の台風襲来にその洪水調整機能を遺憾なく発揮しています。2004年は、堤防が決壊し、氾濫した由良川に水没したバスの天井に取り残された乗客救助を待つため、サーチャージ水位寸前のEL+173.54mまで湛水しています。2013年には、淀川水系桂川の日吉ダム共々、サーチャージ水位のEL+175mを超えるEL+175.37mまで湛水しています。

 公園内には、当時の水位を記載した看板が設置されています。ちなみに、公園の敷地内の一部は、立ち入り禁止になっていないにも関わらず、湛水域だったりします(さも当然の如く、網場が横たわっているのですからねぇ…)。

2016年8月10日 (水)

RX-8燃費レポート(第102報)

 一つ間違いを起こせば凶器となる車を運転できるにも関わらず、取得以降は全てを忘れても違反・事故さえなければ、半ば自動的に更新されるのは、如何なものかと思う今日この頃です。

 さて、燃費レポートの第102報です。お盆休み、実家に帰省するための往路分が、大部分を占めています。前回の給油からの走行距離は500.9km、今回の給油量は49.53Lで、燃費は10.1km/L、燃費達成率は107.6%となりました(累積では、それぞれ10.2km/L、108.2%です)。満タンから、少し減らしてからスタートしたのですが、依然として往路は、あまり燃費が延びませんね。敢えて、山陽道の最高点通過を回避してみると、どうなるのか気になるところです。

 少し早めのお盆休みにしたので、高速道路走行に不慣れなサンデードライバーは、いつもより少なかったように思えます。その代わりといってはなんですが、通勤らしき強引な走り方をする車が目立ちましたね。

■本日の給油
走行距離:500.9km 給油量:49.53L 燃費:10.1km/L 燃費達成率:107.6%

2016年8月 6日 (土)

広島空港撮影記・その5

2016_08_06_001 広島の空の玄関口である“広島空港”の北東に位置する“中央森林公園”“空港ターミナルビル・見学・送迎デッキ”まで、飛行機の撮影に行ってきました。夏の厳しい日差しの下での撮影は、非常に辛いものがありますね。

 熱中症対策に、スポーツドリンクを水筒に詰めていったのですが、500ml程度では何の気休めにもなりませんでした。昼過ぎという最も暑い時間帯から撮影を開始したのですが、僅か1時間足らずで飲み干してしまい、補給のために撤退を強いられました(そもそも、最初の撮影ポイントに向かう途中で、余りの暑さに音を上げて帰ろうかと思ったくらいです)

2016_08_06_002 今回の撮影ポイントは、久々の飛行機の見える丘の他、北東に位置する展望台(ぶち安いとか謳いながら、ちっとも安くないガソリンスタンドの脇から階段を登っていったところ)、空港ターミナルビルの3階にある見学・送迎デッキの3ヶ所です。いつも同じ場所で撮っているので、同じような写真ばかりで、マンネリ化してしまっていましたから(結局、センスと技量が足りないので、同じような写真ばかり撮っているのですけれどね)

 しかし、空港駐車場に車を置いて撮影ポイントを巡ったのですが、どれもそれなりの距離を歩かなければならないので、この時季に選ぶのは考えものかもしれません。しかも、生い茂った草木のおかげで、視界が遮られるのなんの…。

2016_08_06_003 離陸はRwy28からでしたが、着陸はRwy10からだったり、Rwy28からだったりと、まちまちでした。東西方向の視界の悪いポイントでの撮影だったので、寸前まで気付かずに撮り損ねたり、撮り損ねそうになりました。今日は、ダイヤが乱れ気味で、出発・到着時刻や離着陸順が変更された便が、数多くいました。私の他に、誰も撮影者がいなかったので、尚更です。

 先日の岡山空港と同じく、離着陸機の夜間流し撮りを試みてみたのですが、実用に耐えうるようなものには仕上がりませんでした。飛行機に合わせて、綺麗にパンできないのですよねぇ…(三脚の動きも、少し渋い)。

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

ウェブページ

他のアカウント

無料ブログはココログ