フォト

twitter

初音ミク - Project DIVA -

ドルフィードリーム

  • 初音ミク × Dollfie Dream(R) 雪ミク × Dollfie Dream(R)

大図書館の羊飼い

  • 『大図書館の羊飼い-Dreaming Sheep-』2014年3月28日発売予定、11月29日より全国のPCショップで予約受付開始です。

« RX-8燃費レポート(第106報) | トップページ | 千の刃濤、桃花染の皇姫 »

2016年9月24日 (土)

木都賀ダム、長見ダム、大長見ダム、浜田ダム、第二浜田ダム

2016_09_24_001 カレンダー通りだったシルバーウィーク後半、秋晴れの中、7月末に続く島根県西部のダム巡りに行ってきました。向かった先は、三隅川水系三隅川の“木都賀ダム”、周布川水系周布川の“長見ダム”“大長見ダム”、浜田川水系浜田川の“浜田ダム”“第二浜田ダム”です。

 木都賀ダムは、1959年着手、1961年竣工の重力式コンクリートダムです。余水吐にクレストゲート3門の他、発電用の取水設備を備えます。

2016_09_24_002 ダムカードに記載の情報によると、砂防ダムを嵩上げして建設されたそうで、着手から竣工まで2年間という超短工期も頷けます。この年代のダムは、昨今に竣工したダムに比べて工期が短いのですが、2年間となるとなかなかお目にかかれないのではないでしょうか。

 管理所の方の話によると、台風襲来の煽りを受けた先日の大雨時には、クレストのラジアルゲートから放流していたそうです。長年の風雪に耐え、年季の入った堤体からの放流は、見応えがあるのでしょうね。

2016_09_24_003 長見ダムは、1961年竣工の重力式コンクリートダムです。余水吐にクレストゲート4門の他、発電用の取水設備を備えます。木都賀ダムとは、堤長や堤高、事業者こそ違えど、同じ年に竣工したこともあり、雰囲気は良く似ています。

 電力会社管轄の発電専用ダムということもあり、素っ気なさは天下一品です。有刺鉄線の隙間から試行錯誤の末に、辛うじて堤体の写真を収められました。こういう状況だと、バリアングル液晶が欲しくなる…。

2016_09_24_004 大長見ダムは、1974年着手、2003年竣工の重力式コンクリートダムです。非常用洪水吐にクレストゲート14門、常用洪水吐にオリフィスゲート2門の他、選択取水設備を備えます。

 上流側と下流側に、周布川ダムと長見ダムという2基のダムがあるのですが、どちらも発電専用のダムのため、基本的に治水能力を有していません。そのため、大長見ダムは、洪水調整をはじめとした多目的ダムとして建設されました。島根県のダムの伝統なのか、堤高に対して、常時満水位は低めに設定されています。

2016_09_24_005 浜田ダムは、1959年着手、1962年竣工の重力式コンクリートダムです。非常用洪水吐にクレストゲート1門、常用洪水吐にコンジットゲート2門を備えます。

 下流に、第二浜田ダムが建設されたことで、ラジアルゲートから自由越流式と自然調節式への再開発が行われています(コンジットゲートは、オリフィスゲートに名称変更)。現状、クレストのラジアルゲートは、堤体ごと切り取られて撤去されており、再開発前の面影を残しているのは、コンジットのコースターゲート(予備ゲート)の2門のみです。

2016_09_24_006 第二浜田ダムは、1990年着手、2016年竣工の重力式コンクリートダムです。非常用洪水吐にクレストゲート2門、常用洪水吐にオリフィスゲート2門を備えます。

 益田川ダムのような穴あきダムほどではありませんが、洪水調整容量を確保するため、かなり低い位置にオリフィスゲートが設けられています。面白いことに、2門のレベルが少し違っており(右岸側が少し高い)、段違いオリフィスゲートとでも呼べばいいのでしょうか。

 途中、昼食を取るために、道の駅・ゆうひパーク三隅に立ち寄ったのですが、山陰本線の有名なお立ち台のある場所でした。次は、鉄道写真撮影のために、行ってみたいと思います。

« RX-8燃費レポート(第106報) | トップページ | 千の刃濤、桃花染の皇姫 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

橋梁・ダム・トンネル」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581031/64251108

この記事へのトラックバック一覧です: 木都賀ダム、長見ダム、大長見ダム、浜田ダム、第二浜田ダム:

« RX-8燃費レポート(第106報) | トップページ | 千の刃濤、桃花染の皇姫 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ウェブページ

他のアカウント

無料ブログはココログ