フォト

twitter

初音ミク - Project DIVA -

ドルフィードリーム

  • 初音ミク × Dollfie Dream(R) 雪ミク × Dollfie Dream(R)

大図書館の羊飼い

  • 『大図書館の羊飼い-Dreaming Sheep-』2014年3月28日発売予定、11月29日より全国のPCショップで予約受付開始です。

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月25日 (日)

ねんどろいど レーシングミク 2016 Ver.

2016_12_25_001 先日、記念すべきSUPER GT参戦10年目となる2017年シーズンの体勢発表が行われた、“GOODSMILE RACING & TeamUKYO”ですが、チームとって欠かせない存在の“ねんどろいど レーシングミク 2016 Ver.”が届きました。レギュレーションが厳しかったり、不運に見回りと、思ったような戦いはできませんでした。

 1勝もできないまま、シーズンランキングはドライバー7位、チーム5位と沈んでしまいました。それでも、同じマシン、幾たびも辛酸を舐めされられてきたGAINERを上回れたのは良しとしておきましょう。

2016_12_25_002 白色を基調に、随所に赤色が彩られた情熱的な衣装が、ねんどろいどサイズで、可愛く再現されています。レギュレーション違反ミクさんらしからぬボリュームを誇るおっぱいも、空力性能が高そうです。おっぱいも大きいですし、開幕戦は2位表彰台の好スタートだっただけに、少しも負ける気がしなかったのですけれどね…。

 ワンピースの丈は、本来よりも短めな感じです。おかげで、ぴっちりしたショートパンツに包まれた、ミクさんのかわいいお尻が、丸見えです。

2016_12_25_003 オプションパーツは、情熱的なチームフラッグとSLS AMG GT3をデフォルメしたねんどろカーです。相変わらず、デカールを貼る技術がないので、真っ白のままですが…。スケールモデルを買って、練習した方がいいかもしれませんね。顔パーツは、“笑顔”と“ウィンク顔”の2種類です。

 2017年のチーム体勢ですが、長年に渡ってチームを支えた大橋逸夫コミュニケーションディレクターがチームを離れた以外は、現体制を維持です。2011年、2014年と3年毎にチャンピオンを獲得しているので、変わらぬ必勝態勢で3年ぶり3度目の女王戴冠をミクさんに!

RX-8燃費レポート(第112報)

 某ハイブリッドカーの瞬間燃費表示の派手な見難いインジケーターで目視確認する以外に方法がないのを頑なに改めないのは、設計ミスと捉えられるのを避けるためだけだと思う今日この頃です。

 さて、燃費レポートの第112報です。前回に引き続き、一回当たりの走行距離が、あまり長くなかったので、3週間ぶりの給油です。前回の給油からの走行距離は562.4km、今回の給油量は56.46Lで、燃費は10.0km/L、燃費達成率は106.0%となりました(累積では、それぞれ10.2km/L、108.1%です)。小数第二位の四捨五入で、辛うじて二桁には乗せていますが、冷間始動時の燃調が濃いこの時季なので、致し方ありません。

 このところの円安と原油高の影響で、ガソリンの小売単価がずいぶんと上昇しましたね。前回から10円弱は上昇しましたが、3~4年前の水準と比べると、まだまだ割安な印象です。それでも、特売日に長蛇の列を成している光景を見るようになりましたが…。

■本日の給油
走行距離:562.4km 給油量:56.46L 燃費:10.0km/L 燃費達成率:106.0%

2016年12月23日 (金)

初音ミクレーシングver. レーシングミク ~ 2016! ~

2016_12_23_001 開幕戦にて2位表彰台を獲得するも、最終戦の3位表彰台を除けば、第2戦以降は苦戦が続いた“GOODSMILE RACING & TeamUKYO”、チームとって欠かせない存在の“初音ミクレーシングver. レーシングミク ~ 2016! ~”をお迎えしました。

 白を基調に随所に赤色が奢られた情熱的なレーシングミクさんです。空力性能の良さそうな、ミクさんらしからぬボリュームのおっぱいは、歴代ベスト4入るのではないかと、個人的には思っております(他は、2011、2013、2014の3人です)。

2016_12_23_002 ワンピースにショートパンツという組み合わせなので、いつも元気いっぱいのおてんば娘といったところでしょうか。ワンピースの裾がふわりとしているのは、ショートパンツなので、“パンツじゃないから恥ずかしくないもん理論”のおかげでしょう。ぴっちりショートパンツなので、ミクさんのかわいいお尻が、よく分かります。

 他のプライズフィギュアに比べると、スケールは小さめです。スケールは小さいですが、出来具合の方はまあまあではないでしょうか(あくまでプライズの域ではありますが…)。

2016年12月18日 (日)

ねんどろいど 初音ミク 獅子舞Ver.

2016_12_18_001 吉祥のシンボルである中国獅子舞をイメージした“ねんどろいど 初音ミク 獅子舞Ver.”が届きました。イラストレーターのverus 氏による原案の元気一杯な中華風ミクさんとポップな獅子がセットになった豪華仕様です。

 ミクさんのねんどろいどとしては、ねんどろいどこ~で、定例のレーシングミクと雪ミクを除けば、中秋明月Ver.以来、1年1ヶ月ぶりです。開運厄除の御利益がある獅子舞ミクさんが、お迎えしたご家庭に、幸福をもたらしてくれます。

2016_12_18_002 オプションパーツは、獅子と飾り付きの杖の他、中華といって忘れてはいけない中華まんが付いてきます(具が段ボールなんてことはないと思います)。表情パーツはにっこり“笑顔”のほかに、おちゃめな“ウインク顔”、ほっぺが可愛い“もぐもぐ顔”が付属します。

 寒い時期は、ほかほかの中華まんが無性に食べたくなることがありますよね。おいしそうに、中華まんを頬張るミクさんは、ずっと眺めていたくなります。

2016年12月10日 (土)

RX-8カスタマイズ第六弾 - ハイビームバルブ交換 -

2016_12_10_001 忘れた頃にやってきたRX-8のカスタマイズ第六弾です。以前から、ずっとやりたいと思っていた“ハイビームバルブ交換”です。ロービームは、6000KのHIDランプなのですが、ハイビームは推定3200Kのハロゲンランプなので、ずっと色温度の差が気になっていました。

 交換したのは、PIAA プレシャスホワイト 4800K H9 12V65Wです。同じハロゲンランプですが、色温度が4800Kと比較的高めで、数少ないH9対応ということで、RX-8への取付実績は多数あります。ハイビームは、ハイ/ロー切り替え、パッシングなどでの応答性が求められるので、HIDランプよりもハロゲンランプの方に分があります(LED化も考えましたが、実績重視です)。

2016_12_10_002 ロービームの6000Kに対して、4800Kなので、色温度に差があるかと思いましたが、見た目には分かりませんね。実際に夜道を走ってみても、ハイ/ロー切り替え時の見え方の差も少ないですね。そのせいか、却って光量が少ないように見えてしまいます…(車検対応品なので、問題はないはずです)。

 バルブ交換がやりにくいと評判のRX-8ですが、ハイビームだけは、ボンネットを開ければ作業できます。エンジンコンピュータとヒューズボックスのカバーを外すと、作業がしやすいです。まぁ、納車から5年もすると経年劣化が避けられないので、外した弾みで部分的に割れてしまいましたが…。

2016年12月 7日 (水)

レーシングミク 2013 ver.

2016_12_07_001 ディフェンディングチャンピオンとしてシーズンに臨むものの惨敗した2012年の雪辱を誓った2013年シーズンの“GOODSMILE RACING & TeamUKYO”、そんなチームとって欠かせない存在だった“レーシングミク 2013 Ver.”を遅ればせながらお迎えしました。イラストを担当したsaitom 氏、衣装デザインを担当した島崎麻里 氏、それぞれの個性溢れるレーシングミクさんが、忠実に立体化されています。ロリ可愛い幼い印象だった2012年から、エロ格好可愛い大人っぽい印象へと、イメージを一新しました。

2016_12_07_002 歴代のレーシングミクとしては、唯一の存在となる白いハイレグのレオタードな出で立ちと、レースクィーンらしい装いです。2011年のレーシングミクさんは、残ながら透けない布はハイレグですが、シースルーな部分まで含めるとショートパンツっぽいですし、2014年のレーシングミクさんは、白い旧々スクール水着という疑惑がありますし。

 ハイレグのレオタードということで、桃みたいな可愛いおしりを堪能することができます。もう、思わず、かぶりつきたくなりますね。

2016_12_07_003 おっぱい、2011年のレーシングミクさんに勝るとも劣らない、ミクさんらしからぬボリュームを誇ります。至高の揉み心地を誇るであろう膨らみは、思わず顔を埋めたくなります。

 シリーズの総合成績は、チャンピオンの獲得こそ果たせなかったものの、3位という立派なものでした。最終戦まで、チャンピオン争いを繰り広げ、空回りの続いた2012年の雪辱を果たしてくれたと思います。このシーズンの飛躍が、3年ぶり2度目の戴冠となる2014年シーズンへと繋がったはずです。

2016年12月 4日 (日)

RX-8燃費レポート(第111報)

 いくら外資率が高いからといって、競技用でもないグレードをエアコンレスにするのは、国内市場を軽視しすぎだと思う今日この頃です。

 さて、燃費レポートの第111報です。あまり遠乗りができなかったこともあって、ほぼ3週間ぶりの給油です。前回の給油からの走行距離は523.7km、今回の給油量は56.25Lで、燃費は9.3km/L、燃費達成率は99.0%となりました(累積では、それぞれ10.2km/L、108.2%です)。第90報以来、約9ヶ月ぶりにカタログ燃費を割り込む結果となりました。2回目の車検に出していたので、燃費が悪くなってしまうのは致し方ありません。ドライブレコーダーに搭載されているエコドライブ診断機能のアイドリングの点数が下がっていました。

 納車5年目も終わりが近付いてきたため、2年ぶり2回目の車検を受けてきました。基本的に大きな問題はありませんが、バッテリーがかなり弱ってきている模様なので、この冬を無事に乗り切ることができるのかどうか不安です…。納車から4年10ヶ月、延べ58,000kmを走り、溝が残り少なくなったタイヤは、良い機会なので新調しました。

■本日の給油
走行距離:523.7km 給油量:56.25L 燃費:9.3km/L 燃費達成率:99.0%

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

ウェブページ

他のアカウント

無料ブログはココログ