フォト

twitter

他のアカウント

ドルフィードリーム

  • 初音ミク × Dollfie Dream(R) 雪ミク × Dollfie Dream(R)

初音ミク - Project DIVA -

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月31日 (土)

本庄水源地堰堤、三永貯水池堰堤

2018_03_31_001 桜が満開で見ごろを迎える中、ダム巡りに行ってきました。向かった先は、二河川水系二河川の“本庄水源地堰堤”と黒瀬川水系三永川の“三永貯水池堰堤”です。どちらも、ほぼ1年ぶり3度目の訪問です。

 昨年は、桜の季節に行われる一般公開に二回も行きながら、桜が全く咲いていなかったり、既に散り始めたりと、満開の最も良い時季を外してしまいました。今年は、満開の時期に訪れることができました。若干の蕾は残っていましたが、恐らく次の週末にはかなり散ってしまうと思います。

2018_03_31_002 どちらも水道用水源地ということで、普段は一般人が立ち入ることはできません。基本的に、見て回ることができないので、撮影できるポイントそのものがかなり限られてしまいます。本庄水源地堰堤は、数カ所ありますが、三永水源地堰堤に至っては、一カ所しかありません(3回ともほぼ、同じ写真)

 桜の花というのは、被写体として至極難しいと思いました。凡そ、JPEG圧縮と相性の悪い色合いなので、離れて撮ると全く綺麗に撮れないのですよね。吉野山の千本桜並みに群生していて俯瞰撮影できるともかく、マクロ気味に撮るしかありませんでした…。

2018年3月24日 (土)

広島空港撮影記・その12

2018_03_24_001 桜前線が北上する中、温暖な瀬戸内沿岸にも関わらず桜が開花しない広島の空の玄関口である“広島空港”の北東に位置する“中央森林公園”まで、飛行機の撮影に行ってきました。前回が去年の11月なので、4か月ぶりの撮影です。

 今回の撮影ポイントは、ピクニック広場と久々となる飛行機の見える丘の2ヶ所です。飛行機の見える丘は、一昨年の8月以来1年7ヵ月ぶりなのですが、少しばかり木の枝が伸びて飛行機と被りやすくなってしまいました(撮影スポットとしては、少し使いづらいかも…)。

2018_03_24_002 以前からピクニック広場と飛行機の見える丘を徒歩で行き来できないものかと思っていましたが、2年6ヶ月の年月を経て遂に見つけました。これで、駐車料金を2回払わなくて済みます。まぁ、エリアマップとか航空写真をよく見れば、簡単に分かることだったんですけどねぇ…。

 風向きが強めの西風だったため、着陸は全便と離陸の殆どがRwy28でした。こうなると展望広場とRwy28エンドは、撮影ポイントとしては使いづらいんですよね…。大半が羽田便の広島空港なので、着陸はRwy28、離陸はRwy10となる風向きが穏やか日が撮りやすいです。

2018_03_24_003 明日からダイヤが変わって、国内線の時刻が微妙に変わるのですが、それ以上に国際線の運航曜日の変更が大きいです。土曜日に、中国国際航空と香港エクスプレスの運航されるようになるので、恐らくは1週間で最も便数の多い曜日になりそうです。

 去年は、月に1回以上は飛行機の撮影に行こうと思いつつ、3月から11月の8ヶ月で9回と平均は月に1回以上ですが、実際には2回行った月と行かなかった月があります。今年は、コンスタントに撮影へ行けるようにしたいところです。

2018年3月18日 (日)

RX-8燃費レポート(第140報)

 開幕前のテストだけで判断するのは早計ですが、かつての名門チームも地に墜ちたなと思う今日この頃です。

 さて、燃費レポートの第140報です。前回に引き続き、またしても4週間ぶりの給油です。前回の給油からの走行距離は540.4km、今回の給油量は56.87Lで、燃費は9.5km/L、燃費達成率は101.1%となりました(累積では、それぞれ10.1km/L、107.3%です)。カタログ燃費は上回りましたが、かれこれ半年に渡って、二桁割れが続いています。もうすぐ、燃費が良くなる季節なので、安定して二桁を達成できればいいのですが…。

 先日からF1の開幕前テストが行われましたが、大方の予想を覆してトロ・ロッソ・ホンダが順調にテストを終えたのに対して、マクラーレン・ルノーが4年連続して碌にテストもできない状況でした。エンジンメーカーを替えてもこの為体、マクラーレンのシャシーとボディに問題があるように思えますね。ルノーエンジンを使っているチームは他にもありますが、そちらは順調な模様。

■本日の給油
走行距離:540.4km 給油量:56.87L 燃費:9.5km/L 燃費達成率:101.1%

2018年3月11日 (日)

ホームタウンドルパ京都15

2018_03_11_001 京都パルスプラザにて開催された“ホームタウンドルパ京都15”へ行ってきました。“スーパードルフィー”“ドルフィードリーム”といった数々のドールを世に送り出してきたボークスが主催するドールイベントです。

 年に数回、東京ビッグサイトやインテックス大阪、京都パルスプラザといったコンベンション・センターで開催されています。いつもは、後日、各地のボークスショールにて開催される“アフターイベント”でドレスを購入しているだけなのですが、今回は比較的近場の京都ということで、初めての参加です。仙台では開催されるのに、広島で開催されないのはどうしてなの…?

2018_03_11_002 開場が午前10時なので、始発の新幹線に乗れば広島からでも当日参加できるのですが、奈良の実家からの方が近いので、前日入りしました。というわけで、道中、ボークス神戸ショールームとスイーツパラダイス クレフィ三宮店に寄り道してきました。

 ボークスの撮影スペースで撮影していたら、昨年11月に開催された“初音ミクシンフォニー”の大阪公演で知り合ったフォロワーさんと遭遇しました。一緒に、“初音ミク×SWEETS PARADISE presented by animate cafe”が開催されているスイパラへ行くことになりました。物凄い盛況ぶりだったため、お誘いいただけなければ、ミクさんのコラボメニューを諦めて退散すると事でした。

2018_03_11_003 フォロワーさんのフォロワーさんと合流して、ボカロ曲が奏でられる中、コラボメニューを堪能しました。ねんどろいどやあみぐるみでプチ祭壇を構築していましたが、ここまでやっているのは我々くらいでしたが…。それでも、ねんどろいどを連れてきている方やコラボメニューを注文している方もチラホラいました。

 再びボークスに戻って撮影スペースにドール展開です。特に、撮影もせずに長々と“うちのこかわいい&よそのこかわいい”で盛り上がっていました。翌日のドルパにお誘いしたり、ドールのお迎えに興味を持っていただいたり、楽しく過ごすことができました。ボークス神戸ショールーム様、ごめんなさいです。m(_ _)m

2018_03_11_004 ドルパ当日は、400人まで先行入場できるXpassではなく、一般入場なので開場まで外に並んで待機です。この時季なので、まだ大丈夫ですが冬場は辛いかもしれません…。

 初めてのドルパなので、会場の雰囲気を知ることを主目的にしていたので、特にお目当てのディーラーさんもなく、先行入場されていたフォロワーさんが抑えていて下さった、お茶会の卓へ向かいます。先にお買い物をされた他のフォロワーさんが来られたところで、特に何も買わない宣言という、盛大なフラグを立ててしまいました(宣言しておきながら、お買い物をしてきたところにツッコミを入れられました)

2018_03_11_005 お買い物は、元々でアフターイベントで購入すればいいと思っていたボークスの衣装と、フォローさんに勧められたディーラーさんの衣装と小物です。基本的には、卓で一緒になったフォロワーさんとおしゃべりしたり、他の卓にお邪魔させていただいたりして過ごしていました。

 ボークスの撮影ブースとかドールスタジオとは、撮影の勝手が違うので、いろいろと考えないといけないですね。機材も少し買い足したりした方が良さそう。

 帰りは、東海道新幹線で停電事故があった影響で、山陽新幹線共々一時的に運転見合わせでした。広島・博多方面は、比較的すぐに運転再開されましたが、名古屋・東京方面は、タイムラインを見る限りは、かなり大変だった模様です。

2018年3月 9日 (金)

【MMD】Digitrevx式ミクに「Satisfaction」を踊ってもらった【フルHD】

 3月9日は、“ミクの日”ということで、Digitrevx式初音ミクV4Xに、livetune(kz)の「Satisfaction」を踊ってもらいました。モデルはDigitrevx 氏のHatsune Miku V4X、モーションは社会の窓Pのデータを使用させて戴きました。

■ニコニコ動画版

■YouTube版

■使用したもの
・ツール:MikuMikuDance / 樋口優氏、MikuMikuEffect / 舞力介入P、つんでれんこ / 窓屋氏
・楽曲:Satisfaction / livetune(kz)
・モーション:社会の窓P
・モデル:Digitrevx式初音ミクV4X / Digitrevx 氏
・ステージ:ガーデンステージ / @Ai 氏、朝の輝き / 怪獣対若大将P
・スフィアマップ:肌用ぬるぬるスフィアマップ / みみずく 氏
・イメージ:MMD PV用ロゴ / まさたかP
・エフェクト:Diffusion 7、SvSSAO、AutoLuminous 4、ExcellentShadow / そぼろ 氏、水面エフェクト / ビームマンP、G_Shader / 下っ腹P、WorkingFloorAL / 針金P

 Digitrevx式初音ミクV4Xは、イラストレーターのiXima 氏による初音ミクV4Xのメインビジュアルに近いモデルなので、個人的に気に入っているモデルです。可愛くて素敵なモデルなのですが、他のモデルに比べるとあまり動画で見かけないのはどうしてなのでしょうか…。ニコニコ動画はもとより、YouTubeでもあまり見かけないので、海外モデルだからということではなさそうです。

 今回から、ニコニコ動画版も1920×1080のフルHD仕様になりました。ステージは、水仙の鉢植えが並んでいたのですが、どうしてもカメラの前を横切ってしまうので、やむを得ず非表示にしております。

2018年3月 8日 (木)

初音ミクシンフォニー ~ Miku Symphony 2017 ~

2018_03_08_001 数あるVOCALOID曲の中から選りすぐられた名曲をフルオーケストラが奏でる“初音ミクシンフォニー2017”の東京公演の模様をBlu-rayとCD、大阪公演のダイジェストをDVDに収録した“初音ミクシンフォニー ~ Miku Symphony 2017 ~”が届きました。もちろん、どちらもラバーストラップとアクリルキーホルダーの付いた初回限定版です。

 大阪公演の当日にCDだけ予約したのですが、後になってやっぱり映像も欲しくなってしまい、急遽予約購入することにしました。まぁ、おかげでCDだけ重複してしまったんですけれどね…。

 初めて参加したライブイベントなので感慨深いというのもありますが、あの時の感動が蘇ってきました。大阪公演、東京公演、Blu-rayと3回目にもかかわらず、グズグズと泣きながら見ていました。両方あるいは片方の公演に参加された方はもちろん、そうでない方でも十分に楽しめると思います。

2018_03_08_002 収録が危ぶまれていた(?)デッドボールPのビデオメッセージもばっちりとノーカット収録です。改めてみると、会場の一体感の凄さに圧倒されます。大阪公演の約2週間後とはいえ、お互いに顔も名前も知らないボカロファンが、リハーサルもなしに一糸乱れぬペンライトで最高の演奏を盛り上げる演出をしているわけですからね。一般的なオーケストラの公演を見に行ったことはないのですが、あの雰囲気は他にはないものだと思います。

 唯一、惜しむとすれば大阪公演のみだったlivetuneの「Tell Your World」、ジミーサムPの「from Y to Y」、「Reboot」、「Starduster」の4曲が、DVDのダイジェストしかないことでしょうか。個人的に、大好きな曲なので、Blu-rayでフルサイズを収録して欲しかったです。

 最高の感動を堪能することができた“初音ミクシンフォニー”ですが、先日、2018年も開催されることが発表されました。指揮も演奏も同じで、11月24日にパシフィコ横浜での横浜東京公演、年が明けた1月25日にオリックス劇場にて、それぞれ開催されます。もちろん、東京公演と大阪公演のどちらも参加する予定です。むしろ、行かない選択肢なんてありません。10年間、イベントと無縁だったミク廃とは思えない変貌ぶり。

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ