フォト

twitter

他のアカウント

ドルフィードリーム

  • 初音ミク × Dollfie Dream(R) 雪ミク × Dollfie Dream(R)

初音ミク - Project DIVA -

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

2018年4月29日 (日)

大阪国際空港撮影記・その2

2018_04_29_001 ゴールデンウィーク、実家に帰省しているのを利用して、関西国際空港や神戸空港と並ぶ関西の空の玄関口“大阪国際空港(通称、伊丹空港)”に隣接した“スカイランドHARADA”“スカイパーク伊丹”まで飛行機の撮影に行ってきました。前回は、去年のゴールデンウイークなので1年ぶりです。

 どうしても、駐車場から結構な距離を歩かないといけないので、行くとすればこの時季に限りますね。日差しを遮るものも基本的にありませんから、夏場に行くのは熱中症の危険を伴います。

2018_04_29_002 スカイランドHARADAとスカイパーク伊丹は、B滑走路の南側に沿って整備された公園なので、離着陸する飛行機を間近に見ることができます。国内有数の利用客数の多い空港ですから、ボーイング787、ボーイング777、ボーイング767といった中・大型ワイドボディ機が頻繁に飛び交います。

 間近に見られるのは良いのですが、ワイド端70mm(35mm換算111mm)の望遠ズームレンズでは、真横からのアングルだと収まりきらないのですよね。小型ナローボディ機のボーイング737-800でいっぱいいっぱいです。

2018_04_29_003 近過ぎて収まらないなら収まらないで、それを逆手に思い切って切り取ってみるのも一興です。特定の個体に拘らなければ、便数は多いので同じ機種に対して、いろいろな撮り方を試すことができます。便数の少ない広島空港だと、ANAのボーイング767-300とJALのボーイング737-800以外に、そういうことは試し辛い…。

 前回は、ANAの“STAR ALLIANCE”やJALの“oneworld”といった特別塗装機を数多くみられたのですが、今回は通常塗装機ばかりでした。“東京2020”のロゴ入り機は何度か飛来しました、あまりありがたみはありませんねぇ…。(ぉ

2018_04_29_004 今回、定番撮影スポットの千里川土手には行っていません。近くに新しいコインパーキングができていて、便利になっていました。恐らく、早い時間に行かないと空いていないと思います。夕暮れに通りかかった時は、満車になっていました。

 敷地境界のフェンスが、どうしても視界の邪魔になってしまうので、脚立が導入しないことにはどうにもなりませんね。あとは、露出の厳しい夕暮れから夜間の高感度ノイズ対策をどうするか…。撮影スポットとしての千里川土手の魅力は、誘導灯が滑走路を彩る夜が真骨頂だと思います。

2018年4月28日 (土)

RX-8燃費レポート(第143報)

 登録車よりも高価な軽自動車が飛ぶように売れる時代、税金その他諸々で必要以上に優遇される理由はないと思う今日この頃です。

 さて、燃費レポートの第143報です。名古屋に新幹線で出かけた土日があるので、3週間ぶりの給油です。前回の給油からの走行距離は541.8km、今回の給油量は54.56Lで、燃費は9.9km/L、燃費達成率は105.6%となりました(累積では、それぞれ10.1km/L、107.2%です)。二桁割れとはいえ、カタログ燃費割れが相次ぐ中では、それなりの燃費です。実家への帰省の往路の燃費としては、平均的な燃費です。

 先日、オイル交換の待ち時間に、NDロードスターのソフトトップを久々に試乗しました。エンジンは、1.5リッターなので少しばかり非力ですが、吹け上がりの良いエンジンなので、走りは軽快ですね。来年はロードスター30周年、再来年はマツダ100周年とメモリアルイヤーが続くので、記念モデルが出そうな予感がします。

■本日の給油
走行距離:541.8km 給油量:54.56 燃費:9.9km/L 燃費達成率:105.6%

2018年4月22日 (日)

サイクルジャージ レーシングミク 2018 EDGE Ver.

2018_04_22_001 2年連続4度目の女王戴冠を目指す“GOODSMILE RACING & TeamUKYO”は、ディフェンディンぐチャンピオンとしてカーナンバー“0”で、前身の“Studie”時代も含めて10年目のシーズンに挑みます(なお、2008年は実質的デビュー戦は最終戦の第9戦からなので、フル参戦は9年目)。そんなチームに欠かすことのできない存在であるレーシングミクさんをあしらった“サイクルジャージ レーシングミク 2018 EDGE Ver.”が届きました。

 今年のレーシングミクのイラストは、人気イラストレーターかんざきひろ 氏が担当しています。ニコニコ動画では、鼻そうめんPとして活躍する同氏ですが、勝手にテーマ曲を作ったらそのまま公式応援テーマ曲に採用されたのは周知の通りです。

 先日、開催された岡山国際サーキットでの開幕戦では、予選15位、決勝8位と開幕戦勝利を挙げた去年とは打って変わって、厳しい結果となりました。 しかしながら、毎年、何があるか分からないシーズン、悪いながらも3ポイントを獲得できたとも言えます。1ポイントの重みを知るチームだけに、この貴重な3ポイントが吉と出ることを願いたいものです。

2018年4月21日 (土)

広島空港撮影記・その13

2018_04_21_001 まだ4月にも関わらず県内(安芸太田町)で今年初の夏日を迎えた中、広島の空の玄関口である“広島空港”の北東に位置する“中央森林公園”まで、飛行機の撮影に行ってきました。前回からほぼ1ヶ月に1度のペースで撮影に行けています(そもそも、今年は、まだ2回目です)。

 今回の撮影ポイントは、いつも通りのピクニック広場に展望広場、久々となるRwy28エンドのアシアナ航空にぶっ壊されたローカライザー裏の3ヶ所です。Rwy28エンドへ行くのは11ヵ月ぶり、ローカライザー裏に至っては1年ぶりです。

2018_04_21_002 広島空港を発着するJALは、全便がボーイング737-800で統一されているのですが、3月の初めから4月の終わりまでの期間限定で、羽田便にボーイング767-300が使用されています。3月は土曜日の運用がなかったのですが、4月からは土曜日の運用があり、広島空港では初めてJALのボーイング767-300をお目にかかることができました。残念ながら、この運用も4月末までなので、5月からはボーイング737-800のみに戻ってしまいます。追加発注されているほどの主力機種なので、当分は変わりそうにありません(新規導入される初のエアバス機も双発ワイドボディのA350ですし)。

 地方空港は、広島空港の他に岡山空港と松山空港に行きましたが、JALはボーイング737-800で統一されています(リージョナルジェットやターボプロップは除く)。近隣で、ボーイング767-300の定期運用があるのは出雲縁結び空港だけです。

2018_04_21_003 この日は風向きが中途半端な西風だったので、展望広場とRwy28エンドでの撮影には向かない日でした。早い時間の一部の便を除いて、離陸はRwy28からでしたが、着陸はRwy28とRwy10の両方でした。国際線の到着便が、何れもRwy10からの着陸だったのは、期待外れでした…。

 結局、ANAの“STAR WARSジェット”が飛来したところで見切りをつけて、ピクニック広場に戻りました。過去に、広島空港と岡山空港で見たボーイング767-300だったのですが、1年10ヵ月ぶりに見ましたね。むしろ、まだ飛んでいたのかという感じです。全部で3機あるのですが、国際線用の1機だけはお目にかかれそうにありません(羽田空港もしくは成田空港の発着便専用)。

2018年4月15日 (日)

Nagoya I・Doll VOL.25

2018_04_15_001 通称“吹上ホール”こと“名古屋市中小企業振興会館”にて開催されたドール関連手作りグッズ展示即売会“Nagoya I・Doll VOL.25”へ行ってきました。先日に参加した京都パルスプラザにて開催された“ホームタウンドルパ京都15”と同じようなドールイベントです。

 当初、参加は予定していなかったのですが、元から予定していた大阪や初となる広島での開催分が、“初音ミク×鼓童スペシャルライブ 2018”“マジカルミライ2018”と日程が重複してしまっていました。そのため、半年程、参加できる機会がなそうだったため、急遽参加することにしました。

2018_04_15_002 開場が午前11時なので、始発の新幹線に乗れば広島からでも当日参加できるのですが、お目当ての品があったことと、ボークスの名古屋ショールームの撮影ブースで撮影してみたかったこともあり、前日入りしました。全国のボークスショールームの撮影ブースで撮影するという目標を立ててしまったため、今回のイベント参加はちょうど良い機会になりました。

 昨年11月に開催された“初音ミクシンフォニー”の大阪公演で知り合ったフォロワーさんとプチ撮影会をさせていただきました。制限時間は、あのボークス ドールポイント秋葉原を差し置いて日本最短と思われる20分です。アイ・ドール前日の土曜日ということで、多少なり混雑すると思ったのですが、誰も来ずにたっぷりと4時間も撮影することができました。

2018_04_15_003 アイ・ドール当日は、早めに行ったおかげで屋内の待機列でした(途中から屋外に待機列が形成されていました)。人気のあるディーラーさんのグッズがお目当てだったですが、あまり並ばずに買うことができました。

 早めに行っていなければ、長蛇の列に並んだり、売り切れで買えなかったりという羽目になりそうでした。実際、お目当ての品を買い終えた頃には列がかなり伸びていたり、後から改めてご挨拶に伺ったら売り切れていたりしました。特に、今回のイベントでどうしても欲しかったものもあったため、無事に買うことができて良かったです。

2018_04_15_004 お買い物の後は、フォロワーさんが確保されていた撮影ブースにお邪魔させていただきました。ボカロドールがボカロドールを呼ぶ、ボカロ卓となり、ミクさんをはじめ10人以上が揃いました(ざっと見たところ、他にボカロ卓は見当たらず)。先日のドルパでお会いしたフォロワーさんや初めてお会いするフォロワーさん等、多くの方と交流することができました。

 ちなみに、卓の半分は巨乳ドールの集まるというカオス卓でもありました。M胸を境とする胸囲脅威の格差社会ができあがっていました。

2018_04_15_005 イベント後は、ドールハウスカフェ“copiLuak”でのオフ会に参加させていただきました。スペース的なこともあり、1/4スケール以下推奨のオフ会だったのですが、カフェのオーナー様と主催者様のご配慮・ご厚意に感謝しております。

 小さくてかわいいドールやSuper Dollfieも初めて撮影させていただいて楽しかったです(そして、勝手の違いによる難しさも痛感する)。カフェの雰囲気も、素敵なドールハウス作品が展示されていたり、スイーツが美味しかったりと、非常に良かったです。

 行きも帰りも在来線の同じ路線で列車遅延に遭遇しました。先日のドルパ帰りは、新幹線の遅延でしたし、なんかついていない…。

2018年4月 7日 (土)

鳥取砂丘、浦富海岸、殿ダム、佐治川ダム、円形劇場くらよしフィギュアミュージアム

2018_04_07_001 鳥取旅行の2日目に向かった先は、“鳥取砂丘”“浦富海岸”、千代川水系袋川の“殿ダム”、千代川水系佐治川の“佐治川ダム”、再び倉吉に舞い戻っての“円形劇場くらよしフィギュアミュージアム”です。

 鳥取砂丘は、観光可能な砂丘としては日本最大の規模を誇る言わずと知れた鳥取県を代表する観光名所です(本当の日本最大は、自衛隊の敷地となっている青森県の猿ヶ森砂丘だそうです)。正直なところ、倉吉や蒜山・大山の存在を知るまで、鳥取県の観光地といえば鳥取砂丘くらいだと思っていました…(失礼)。

2018_04_07_002 見渡す限りとまではいきませんが、砂礫地広がる光景は、まさに“マジカルミライ2017”のテーマソングにもなったハチ 氏の「砂の惑星」さながらです。スキー場に設置されているようなホーンスピーカーから、無限ループで再生してほしいところです。

 馬の背と呼ばれる高い砂丘があるので、それこそ砂しか映っていない写真も撮れます。コスプレして、南方研究所によるミュージックビデオの再現っぽいことをやってみるのもいいかもしれません。まぁ、コスプレイヤーじゃないので、私はやりませんが…。

2018_04_07_003 冨浦海岸は、条件さえ良ければ山口県の角島のように綺麗なエメラルドグリーンの海が見られるジオパークです。まぁ、波の荒いこの時季の日本海側、昨日から荒れ模様の天候なので、無理なことは経験から百も承知でした。

 絶景の撮影は、また別の機会に挑むとして、撮影スポットの下見くらいのつもりでしたが、何処か分かりませんでした…。かなり広範囲に散策する必要がありそうなので、改めて時間をたっぷりととって、改めたいと思います。

2018_04_07_004 殿ダムは、1985年着手、2011年竣工のロックフィルダムです。常用洪水吐に自然調流式のオリフィスゲート2門の他、非常用洪水吐は横越流水路式、選択取水設備を備えます。

 フィルダムとしては、非常にありきたりな設備ですが、特徴的なのはその洪水吐の形状です。国内で初めての階段式洪水吐きとなっています。よくある洪水吐だと長いスロープを勢いよく一気に流れ落ちていきますが、階段状だと各段が減勢工の役割を果たします。

2018_04_07_005 佐治川ダムは、1967年着手、1971年竣工の重力式コンクリートダムです。常用洪水吐にコンジットゲート2門、非常用洪水吐にクレストゲート1門の他、利水放流設備を備えます。クレストゲートの減勢工は珍しいスキージャンプ式なのですが、菅沢ダムと同じようにコンジットゲートの機械室の上に設けられています。

 佐治川ダムから直線距離にして約6km、国道482号線を通って県境を超えれば恩原ダムがあります。恩原ダムは旭川水系なので、この県境が太平洋側と日本海側の分水嶺にあたります。

2018_04_07_006 円形劇場くらよしフィギュアミュージアムは、旧明倫小学校の円形校舎を利用したフィギュアミュージアムです。この円形校舎、現存するものでは国内最古であり、老朽化のために解体される運命にありました。解体を惜しむ声から集まった約7,000名の署名から、クールジャパンを象徴するフィギュアを約2,000を収蔵した一大展示施設として蘇りました。

 「ゲゲゲの鬼太郎」の故水木しげる 氏、「名探偵コナン」の青山剛昌 氏等の出身地であり、世界的なフィギュアメーカーであるグッドスマイルカンパニーが国内唯一の工場を構える倉吉という地域性を背景に生まれた誰も目にしたことのないビッグスケールのフィギュアミュージアムです。

2018_04_07_007 館内撮影は基本的に自由という展示施設としては珍しいスタイルですが、インターネット掲載時にはモノクロ加工が条件となります。円形劇場では、“モノクロで撮影する”という新しい写真の楽しみ方を推奨されています。当時の教室を再現した部屋をモノクロ加工すると、昭和の雰囲気が醸し出されます。

 この4月7日は、オープンデーということで、当初の予定にはなかったのですが、急遽変更して倉吉まで戻ってきました。倉吉の新しく生まれたシンボルですが、滞在時間が短かったため、じっくりと見ることはできませんでしたが、また改めて訪れたいと思います。

RX-8燃費レポート(第142報)

 車で遠出すると、地域によって周囲の車の挙動があまりにも違うために、末恐ろしいと思う今日この頃です。

 さて、燃費レポートの第142報です。予定の急遽変更のために100km程、走行距離が伸びてしまったのですが、まさかの帰路途中でのガソリン警告灯点灯です。前回の給油からの走行距離は524.2km、今回の給油量は56.85Lで、燃費は9.2km/L、燃費達成率は98.1%となりました(累積では、それぞれ10.1km/L、107.2%です)。中国山地の峠越えを繰り返したため、低いギヤで踏むことが多かったのですが、ここまで悪いと思いませんでした。これまでも、同じような走り方は何度もしているだけに、腑に落ちません。

 去年の9月にバッテリー、今年の1月にエンジンプラグを交換したのですが、すこしばかりエンジンの調子が悪いです。それ程、過酷なコールドスタートでもないはずなのに、エンジンの始動が悪いのですよね。まぁ、明らかに燃費も落ちているので、そろそろオーバーホール等も考えた方が良いのかもしれません…。

■本日の給油
走行距離:444.3km 給油量:47.57 燃費:9.4km/L 燃費達成率:99.5%

2018年4月 6日 (金)

社口ダム、湯原ダム、打吹公園、赤瓦・白壁土蔵群、倉吉線鉄道記念館、百谷ダム

2018_04_06_001 桜が舞い散る中、泊りがけの鳥取旅行に行ってきました。1日目に向かった先は、旭川水系旭川の“社口ダム”“湯原ダム”、倉吉地区の“打吹公園”“赤瓦・白壁土蔵群”“倉吉線鉄道記念館”、千代川水系天神川の“百谷ダム”です。

 目的は、いつも通りの平日限定配布を含むダムカード集めと、数年前にふるさと納税で縁のある倉吉市には、以前から行ってみたいと思っていました。先日までの予報よりも悪天候で、思ったように観光できなかったので、如何ばかりか消化不良ではありますが…。

2018_04_06_002 社口ダムは、1954年竣工の重力式コンクリートダムです。常用洪水吐にクレストゲート3門、非常用洪水吐に(堤体の半分だけですが)全面越流式のクレストゲートの他、排砂ゲート1門を備えます。堤高16.5m、堤長75mとダムとしてはかなり小型の部類ですが、昨日が豊富でフォトジェニックなダムです。

 そうはいっても、電力会社管轄の発電専用ダムなので、飾り気は全くありませんが、実用一点張りの機能美はなかなか。上流の湯原ダムから取水した湯原第一発電所の逆調整池としての役割もあるみたいです。

2018_04_06_003 湯原ダムは、1954年竣工の重力式コンクリートダムで、洪水吐にクレストゲート6門の他、堤体下部に排砂管らしき穴があります。訪れるのは、4年9ヵ月ぶりですが、あの時に忘れたダムカードを貰うのに、ずいぶんと時間がかかってしまいました。ちなみに、前回もこんな感じの天候不良だったので、どうも山陰とは相性が悪い疑惑があります(汗)。

 前回は6門とも同じ色だったスライドゲートの門扉のうち、5枚が灰色から薄い青緑色に塗りなおされていました。もしかして、各年度に1枚ずつ塗りなおしているのでしょうか?

2018_04_06_004 倉吉地区は、赤瓦に白壁土蔵の古き良き町並みの残る山陰の小京都です。巡ったのは、打吹公園、赤瓦・白壁土蔵群、倉吉線鉄道記念館の3ヶ所です。

 打吹公園は、園内にソメイヨシノをはじめとするたくさんの桜が植えられています。ソメイヨシノは既に散ってしまっていましたが、手弱女や一葉、枝垂桜等はまだ満開の状態でした。

 倉吉市は、“ねんどろいど 桜ミク Bloomed in Japan”をお迎えするために、“ふるさと納税”した縁があります。グッドスマイルカンパニーの国内初の生産拠点である楽月工場での最初の製品ということもあって、一緒に連れていって里帰りをさせてあげました。生憎の雨のため、車の中から写真を撮るのが関の山でしたが…。

2018_04_06_005 赤瓦・白壁土蔵群は、その名前の通り赤瓦と白壁の土蔵が残る歴史風情溢れる街並みです。少し高台に位置する打吹公園から俯瞰すれば赤い屋根瓦、碁盤目状の街並みを歩けば白壁の土蔵が並びます。一角には、GOODSMILE ONLINE SHOP 出張所 in 赤瓦一号館もあり、ねんどろいどやスケールフィギュアをお迎えできます。

 KONAMIのWeb連動型音楽配信企画ヒナびた♪の舞台である倉野川市は倉吉市がモデルであると考えられており、2016年には倉野川市と倉吉市の姉妹提携が実現しています。街のところどころに等身大のPOPを置いているお店があったり、石谷精華堂の銘菓“打吹公園だんご”のイラスト入りパッケージがあったりと、サブカルに寛容な雰囲気がありました。

2018_04_06_006 倉吉線鉄道記念館は、1912年(明治45年)に倉吉軽便鉄道として開通、民営化を数年後に控えた1985年(昭和60年)に廃線となった国鉄倉吉線の鉄道保存展示施設です。

 当時の写真パネル、信号機、資料等の他に貨車移動用ディーゼル機関車、C11型蒸気機関車75号機が静態展示保存されています。C11型は雨ざらしの屋外展示ですが、大きな痛みや部品盗難等もなく保存状態は良好でした(主だった部品で見当たらなかったのは逆転機の操作ハンドルくらいです)。管理運営する倉吉市をはじめ、周辺住民から大切にされているものと思われます。

2018_04_06_007 百谷ダムは、1969年着手、1973年竣工の重力式コンクリートダムです。常用洪水吐にオリフィスゲート1門、非常用洪水吐にクレストゲート2門を備えます。どちらも近年の県営ダムでよく見かける自然調流式ですが、クレスト自由越流式洪水吐を採用した日本で初めてのダムです。

 完全なゲートレスかと思いきや、オリフィスゲートのコースターゲート(予備ゲート)は、しれっとローラーゲートが供えられています。この手のゲートレスダムの場合、角落としがあるだけというのが当たり前なので、少し意表を突かれました。

RX-8燃費レポート(第141報)

 公道で持て余すような馬力のスポーツカーを計画しておきながら、高馬力用はシフトフィールは悪いけれど、外野が煩いから仕方なしにマニュアルトランスミッションを用意するという姿勢の会社にスポーツカーを作る資格は無いと思う今日この頃です。

 さて、燃費レポートの第141報です。フルタンクでスタートしても鳥取往復はできないので、鳥取旅行の途中での給油です。前回の給油からの走行距離は444.3km、今回の給油量は47.57Lで、燃費は9.4km/L、燃費達成率は99.5%となりました(累積では、それぞれ10.1km/L、107.3%です)。僅かながらカタログ燃費を割り込む結果となしました。脚回りから異音がするので、ディーラーに預けて作業中のアイドリングが多かったのかもしれません。

 先日から脚回りから原意不明の異音に頭を抱えています。低速での右旋回時にのみ異音がするのですが、それ以外は全くの異常がありません。それこそ、高速道路で100km/hまで出しても見ましたが、ビシッと安定して真っ直ぐ走ります。ホント、よく曲がる車ですが、フラフラせずに真っ直ぐ走ってくれる車です。

■本日の給油
走行距離:444.3km 給油量:47.57 燃費:9.4km/L 燃費達成率:99.5%

2018年4月 1日 (日)

初音ミク ハートハンターVer.

2018_04_01_001 「初音ミク - Project DIVA - F 2nd」に登場するモジュール“ハートハンター”を1/7スケールで立体化した“初音ミク ハートハンターVer.”をお迎えしました。ゲーム中では、Supercellの「ワールドイズマイン」のクリアで取得できるモジュールです。

 歌詞を意識したかどうかは分かりませんが、トレードマークの長いツインテールがショートになっています(なお、曲中で短くしたのは前髪です)。いつもとは雰囲気の違う、世界で一番の歌姫こと初音ミクの新しい魅力でいっぱいです。

2018_04_01_002 モジュール名の通り、ピンクを基調にハートマークを随所に散りばめた露出度高めな衣装は、圧倒的な小悪魔的可愛さです。ライブでのライティングを再現したかのようなヌルテカっとした光沢が凄いです。通気性悪くてすごっく蒸れてそうでprprしたいです。

 これでもかと言わんばかりに、ミクさんらしい慎ましいおっぱいを強調したアダルティーな胸元のデザインは、確信犯といって過言ではないでしょう。慎ましいおっぱいを強調したとはこれ如何に。

2018_04_01_003 そして、ミクさんといえばミニスカートの短さには定評がありますが、数あるモジュールの中でも群を抜いているのは間違いないでしょう。まさかの股上丈ですから、短いとかそう異次元の話ではなく、後ろからだとナチュラルに見えてます。桃みたいなおしりの割れ目に食い込んだほんのりピンクのパンツです。

 ちなみに、ゲーム中では、黒色のパンツですが、個人的にはこちらの方が大変好みです。撮影していて、心拍数が上昇してくるんですから、ミクさんマジあざとい天使小悪魔です。もう、捕まえて拘束してお仕置きしたいですね。

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ