フォト

twitter

他のアカウント

ドルフィードリーム

  • 初音ミク × Dollfie Dream(R) 雪ミク × Dollfie Dream(R)

初音ミク - Project DIVA -

2018年11月11日 (日)

ねんどろいど レーシングミク 2018Ver.

2018_11_11_001 惜しくもGT300シリーズ連覇を果たせずに2018年シーズン終えた“GOODSMILE RACING & TeamUKYO”ですが、チームとって欠かせない存在の“ねんどろいど レーシングミク 2018Ver.”をお迎えしました。

 ポイントランキング2位、最終戦で優勝すれば2年連続4度目女王戴冠という状況で、ツインリンクもてぎに乗り込みました。結果は、3位表彰台と奮闘するも女王戴冠とはなりませんでした。ポイントリーダーだった55号車は8位に沈んだものの、同じくチャンピオンを争っていた65号車が、鮮やかなタイヤ無交換作戦を決めて、逆転でのチャンピオンを獲得しました。それでも、過去最も連覇に近づいたディフェンディンぐチャンピオンとして3回目のシーズンでした(過去2回は、どちらかといえば惨敗に近い内容…)。

2018_11_11_002 ある時はボカロP、ある時はプロミュージシャン、ある時はアニメーター、そしてある時はイラストレーターとして超多彩な活躍をなさっている かんざきひろ 氏によるレーシングミクさんが、可愛らしくデフォルメされています。ちなみに、デザインそのものは、ピアプロ公式コラボにて公募されたものです。

 オプションパーツには、初音ミク GTプロジェクト10周年をイメージしてデザインされた金色のステッキとお馴染みとなっているSLS AMG GT3をデフォルメしたねんどろカーです。

2018_11_11_003 表情パーツは元気な“笑顔”とおちゃめな“てへぺろ顔”の2種類です。0号車のサイドには、大きくこのてへぺろしているミクさんのイラストが描かれていたため、“オーバーテイクする/される”が、“てへぺろする/される”と呼ばれたとか呼ばれていないとか。まぁ、抜かれた側の心中は察してあげてください…。

 ミクさんなら無免許で自動車専用道路を280km/hで爆走しても、きっと、てへぺろで無罪放免になるのではないでしょうか…?なお、メルセデス・ベンツ AMG GT3の最高速度は310km/hらしいです。

2018年11月 4日 (日)

RX-8燃費レポート(第156報)

 SNSで、移動式オービスやドライブレコーダー取付車に対して文句を発信しているのがいますが、もはや危険性帯有者でいいのではないかと思う今日この頃です。

 さて、燃費レポートの第156報です。岡山空港まで飛行機の撮影へ行って、半分以上を使ったので給油です。前回の給油からの走行距離は365.0km、今回の給油量は37.71Lで、燃費は9.7km/L、燃費達成率は103.0%となりました(累積では、それぞれ10.1km/L、107.3%です)。特に燃費が悪くなるような要因は思い当たらないのですが、カタログ燃費は上回ったものの二桁割れです。

 前回、気になっていた空気圧の調整は行ったのですが、関係なさそうです。というか、ほぼ規定圧だったようです。冬場は、規定値よりも少し高めにしてみるのもありですかね?

■本日の給油
走行距離:365.0km 給油量:37.71L 燃費:9.7km/L 燃費達成率:103.0%

2018年11月 3日 (土)

岡山空港撮影記・その6

2018_11_03_001

 秋が深まる中、岡山の空の玄関口である“岡山空港”まで、飛行機の撮影に行ってきました。撮影場所は、空港の北東に位置する“日応寺自然の森スポーツ広場”と見学用スペースの設けられた“第4駐車場”、ターミナルビル3階の“送迎デッキ”の3ヶ所です。

 前回が、去年の9月だったため、約1年2ヵ月ぶりです。もはや、出来レースとしか思えない愛称募集の結果、“岡山桃太郎空港”となってからは初めて訪れます。ターミナルビルに掲げられた横断幕を見るまで、そんなことすっかりと忘れていました。

2018_11_03_002 今回、ミラーレス一眼カメラでの飛行機撮影テストということで、先日に購入したばかりの“Canon EOS R”のみで撮影に行きました。レンズは、“Canon RF24-105mm F4 L IS USM”“Canon EF70-300mm F4-5.6L IS USM”の2本です。おかげで、カメラバッグもボカロイベントやドールイベントなどに持っている小さい方です。

 結論から言うと、普通に使えるではないかと思います。電子ビューファインダーの遅延を気にして、見切れないようにやや引き気味で追いかけていましたが、慣れれば問題ないでしょう。

 35mmフルサイズなので、焦点距離が1.6倍になるAPS-Cの恩恵は受けられません。流石に、テレ端で額面通りの300mmだと、厳しいですね。やはり、焦点距離の長い望遠レンズとテレコンバーターが欲しいところです…(具体的には、Canon EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMとCanon EXTENDER EF2×III)。

2018_11_03_003 DD初音ミクとDD雪ミクも一緒に連れて行きました。ドールと飛行機と題して、誘導路をタキシングしている飛行機に手を振る構図で撮影しようと思っていました。ただ、唯一のチャンスであった台湾便のタイガーエアが、ANAの羽田便着陸と被ってしまい、断念しました。日没までに撮影できる便数が限られているので、そちらを優先せざるを得ませんでした。ドールと飛行機は、また別の機会にしたいと思います。

 ちなみに、ターミナルビル3階の送迎デッキは、今年の3月10日から無料化されていました。それよりも、あの穴が小さくて少ないフェンスをどうにかして欲しいです。

2018年10月28日 (日)

レーシングミク2016 タイVer.

2018_10_28_001 参戦当初こそ未出走だった海外戦ですが、“GOODSMILE RACING & TeamUKYO”がシリーズ初勝利を挙げたのは、その海外デビュー戦でした。サーキットこそ、マレーシアのセパンからタイのチャンへと変わりましたが、灼熱のレースとあってレーシングミクさんの衣装も専用のものが用意されるようになりました。

そんな1戦限りの限定衣装に身を包んだ“レーシングミク2016 タイVer.”をお迎えしました。人気アニメーターの米山舞 氏がタイ戦のために描き起こしたイラストを、躍動感あふれる造形で立体されています。

2018_10_28_002 通常衣装のイメージを損なうことなく、健康的な小麦色に日焼けした肌を大胆に露出しています。キュッと引き締まったボディに、レーシングミクさんらしいおっぱいの存在感が堪りませんね。この衣装だと、パッドで誤魔化すのは不可能ですから、貧乳に定評のあった2015のレーシングミクさんとは、格の違いを見せつけてきます。

 その役目を全く果たしていないスカートからは白いパンツが、ほぼ全周囲から見えてしまっています。ただ、冷静に考えると、これは水着なのではないかと…。確か、公式からは特に言及はなかったはずです。

 ちなみに、肝心のレースは予選9位、決勝8位という結果でした。ミスもトラブルもありませんでしたが、上位争いには全く加われずです。

2018年10月27日 (土)

RX-8燃費レポート(第155報)

 世間からは誤操作の原因と言われているにも関わらず、小さなシフトレバーやボタンの採用が何の検証もなしに増えていくのは如何なものかと思う今日この頃です。

 さて、燃費レポートの第155報です。久しぶりに、2週間ぶりの給油です。前回の給油からの走行距離は451.0km、今回の給油量は47.92Lで、燃費は9.4km/L、燃費達成率は100.1%となりました(累積では、それぞれ10.1km/L、107.3%です)。辛うじて、カタログ燃費は上回ったものの冬の到来を前にして、少しばかり看過できない燃費です。市街地で軽い渋滞に巻き込まれたり、ワインディングを低いギヤで駆け上がったりもしましたが、それ以上の原因がありました。

 この半月ほどの間に、気温が下がったにも関わらず、タイヤの空気圧の調整を怠っていました。気温の高い時季に空気圧を適正値にしても、気温が下がれは空気圧も下がりますからね。次に出掛ける時は、空気圧の調整をしてからにします。

■本日の給油
走行距離:451.0km 給油量:47.92L 燃費:9.4km/L 燃費達成率:100.1%

2018年10月13日 (土)

RX-8燃費レポート(第154報)

 統括する側が、特定メーカーに対するレギュレーション優遇を設けるのは、競技としての公平性を著しく損なうだけでなく、伝統あるレースの価値を失われるだけだと思う今日この頃です。

 さて、燃費レポートの第154報です。週末が雨だったり、ドールイベントに参加したりとで、4週間ぶりの給油です。前回の給油からの走行距離は447.4km、今回の給油量は46.26Lで、燃費は9.7km/L、燃費達成率は102.9%となりました(累積では、それぞれ10.1km/L、107.4%です)。カタログ燃費は上回ったものの、二桁割れです。周防大島のワインディングを低いギヤで回転を上げて走ったり、広島の市街地で軽く渋滞に引っ掛かりましたから、仕方ないかもしれないですね。

 周防大島のオレンジロードですが、長らく通行止めだった屋代ダム付近の区間が通行可能になっていました。ただ、恐らく先日の西日本豪雨の影響でしょう、新たに通行止め区間が発生していました。端から端まで走り通せる日は、何時になったら訪れるのやら…。

■本日の給油
走行距離:447.4km 給油量:46.26L 燃費:9.7km/L 燃費達成率:102.9%

2018年9月24日 (月)

レーシングミク 2017 Ver.

2018_09_24_001 3年ぶり3度目の女王戴冠を果たした“GOODSMILE RACING & TeamUKYO”ですが、そんなチームに欠かせない存在だった“レーシングミク 2017 Ver.”をお迎えしました。人気イラストレータ―のTony 氏による妖精をイメージした可愛らしいミクさんが、クリアパーツを用いた透明感のある彩色で立体化されています。

 つい先日、お迎えしたばかりのように思えますが、前回のはホビージャパン製で、今回のはお馴染みのグッドスマイルカンパニー製です。スケールは、もちろん超弩級原寸大となる1/1スケールです。だって、小さな妖精さんですk(ry

2018_09_24_002 Tony 氏といえば“ダブルピース”というくらい定番、メインビジュアルにもなっているポージングです。しなやかに伸びた健康的な体のラインがエロい魅力的ですね。おっぱいからおなかにかけてピタッと張り付いた衣装、ウエストのくびれ部分のしわなど、性欲を持て余す繊細な造形です。

 ちなみに、スカートはキャストオフすることができるので、白い衣装に合わせたミクさんらしい白いパンツを堪能することができます。ただ、スカートの短さが尋常じゃないので、正面以外だとほぼ丸見えです。これ、不良品じゃありませんよね?

2018_09_24_003 先日、魔物が潜むとの曰くつきなスポーツランドSUGOにて開催された第6戦で、同サーキット初となる3位表彰台を獲得しました。この表彰台で、シリーズランキングは1位と7ポイント差の2位にまで迫ってきました。残すは第7戦オートポリス、最終戦もてぎの2戦のみです。逆転での女王戴冠も十分に可能です。

 ディフェンディングチャンピオンとして臨んだ過去2シーズン(2012年、2015年)は、いずれも不本意なシーズンでした。これまでのジンクスを跳ね飛ばすシーズンに、本当に強いチームになったと思います。

2018年9月16日 (日)

RX-8燃費レポート(第153報)

 世間一般的な安全運転に対する意識の低さというのは、自分が思っていたよりも遥かに低いと実感している今日この頃です。

 さて、燃費レポートの第153報です。マジカルミライの東京・大阪公演へ参加したり、車をディーラーに預けていたり、避難勧告発令される程の大雨があったりで、5週間ぶりの給油です。前回の給油からの走行距離は476.0km、今回の給油量は46.14Lで、燃費は10.3km/L、燃費達成率は109.7%となりました(累積では、それぞれ10.1km/L、107.4%です)。二桁には乗せましたが、あまり伸びはありませんでした。若干、下のトルクが細って、圧縮比が抜けてきた気がする影響でしょうか…。

 お盆期間中、リアウィンドウのパッキンが外れそうになっていることに気が付きました。幸い、下側の一部だったので、浸水するような事態にはなりませんでしたが、何時からそうなっていたのやら…。

■本日の給油
走行距離:476.0km 給油量:46.14L 燃費:10.3km/L 燃費達成率:109.7%

2018年9月 9日 (日)

レーシングミク 2017 Ver.

2018_09_09_004

 3年ぶり3度目の女王戴冠を果たした“GOODSMILE RACING & TeamUKYO”ですが、そんなチームに欠かせない存在だった“レーシングミク 2017 Ver.”をお迎えしました。人気イラストレータ―のTony 氏による妖精をイメージした可愛らしいミクさんです。

 2017年のレーシングミクさんは、妖精さんということなので、このサイズが1/1スケールです。そのことを忘れていると、箱に書かれた“1/1 Scale Painted Figure”の表記に、一瞬だけドキッとしてしまいます。

2018_09_09_005 綺麗なお花を手にした姿、まさにお花畑を舞う妖精、ミクさんマジ妖精です。しかし、パラメータを可愛いに極振りのはずなのに、可愛さと同じくらいに溢れ出ているこのエロさは、何なのでしょうね。

 おっぱいは、女王戴冠を果たしたレーシングミクさんらしく、大きくてやわらかそうです。お腹の部分のシースルー部分に浮かび上がったおへそが、もうprprしたくて仕方ありませんよ!

 パンツは、白い衣装に合わせたミクさんらしい白です。結構、桃みたいにやわらかそうなおしりに食い込んでいて、堪りませんね。

2018_09_09_006 予選と決勝の2度のクラッシュの末に朝を迎えられないままリタイヤと残念な結果となってしまった伝統の“スパ・フランコルシャン24時間レース”から1年。衣装を改めて臨んだ鈴鹿1,000kmに代わる“鈴鹿10時間耐久レース”では、海外からの強豪が犇めく中、アジア勢ではトップとなる5位入賞を果たします。

 優勝こそ叶いませんでしたが、あまり相性の良くない鈴鹿サーキット、スパでの鬱憤を果たすことができたのではないでしょうか。グリーンに染まったグランドスタンドの光景は感動もの。現地観戦されていた方の話によると、元々ペンライトが貸し出されていたところに、現地の実況が煽ったそうです。

2018年8月12日 (日)

RX-8燃費レポート(第152報)

 煽られたと称して通行区分違反の動画をSNSにアップする暇があったら、サンデードライバーは交通教本を読み直せと思う今日この頃です。

 さて、燃費レポートの第152報です。西日本豪雨災害の影響で、鉄度は長期運休、道路が各所で通行止め・片側交互通行のため、殆ど車にも乗らず、4週間ぶりの給油です。前回の給油からの走行距離は438.4km、今回の給油量は43.49Lで、燃費は10.1km/L、燃費達成率は107.2%となりました(累積では、それぞれ10.1km/L、107.4%です)。多少、渋滞に捕まりはしましたが、二桁代には乗せられました。連日の危険な暑さの影響か、エアコン稼働時のエンジン負荷が、いつもより高い気がしますね…。

 大型連休中は、とてもじゃないですが、運転免許を保有しているのか疑わしい車ばかりですよね。高速道路は、深夜・早朝に走るに限るといつも思います。全体的な交通量が少ないというのもありますが、それ以上にサンデードライバーが少ないですから。

■本日の給油
走行距離:438.4km 給油量:43.49L 燃費:10.1km/L 燃費達成率:107.2%

より以前の記事一覧

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ