フォト

twitter

初音ミク - Project DIVA -

ドルフィードリーム

  • 初音ミク × Dollfie Dream(R) 雪ミク × Dollfie Dream(R)

大図書館の羊飼い

  • 『大図書館の羊飼い-Dreaming Sheep-』2014年3月28日発売予定、11月29日より全国のPCショップで予約受付開始です。

飛行機

2017年6月10日 (土)

岡山空港撮影記・その4

2017_06_10_001 夏至前後の日の長い中、“晴れの国”こと岡山の空の玄関口である“岡山空港”まで、飛行機の撮影に行ってきました。撮影場所は、空港の北東に位置する“日応寺自然の森スポーツ広場”、見学用スペースの設けられた“第4駐車場”、ターミナルビル3階の“送迎デッキ”の3ヶ所です。本当は、出雲縁結び空港での撮影を予定していたのですが、出発の朝になって天気予報が前日よりも悪くなってしまったので、急遽、予定変更となりました。まぁ、気象上を見る限り、雨は降らなかったようなので、当初の予定通りにしておけばよかったとか思ったり思わなかったり…。

2017_06_11_001 いつも穏やかの印象の岡山空港ですが、この日は滑走路に対して斜め方向にあたる南西から南の風が強めでした。広島空港では見慣れた光景ですが、かなり機体を揺らしながらアプローチしてきました。離陸も16時台のフライトは、Rwy25からでした(羽田便では、初めて見ました)。

 岡山空港は、12時45分から16時までフライトが全くない空白の3時間15分があるので、実質的に撮影可能なのは16時以降のフライトのみです。その中でも、離着陸を撮影できるのは、僅かに7便のみです。日没以降は、基本的に駐機中の機体をバルブ撮影するしか手がありません。

2017_06_11_003 17時以降のフライトも、日没時刻の遅いこの時期だから撮影可能なわけです。日没前後のフライトだと、滑走路の誘導灯以外に、これといった光源のない岡山空港では、かなり露出が厳しいです。基本的に、岡山空港での撮影は、大幅なダイヤ変更でもない限りは、夏至前後のこの時期のみになりそうです。

 ちなみに、中国東方航空の上海便は浦東空港の悪天候の影響で、欠航しました。折り返しとなる翌朝の上海便も、そのまま欠航でしょう。何度か、浦東空港は利用したことはありますが、定刻通りに飛んだ試しもありませんが、まさかの欠航でした。

2017年5月20日 (土)

広島空港撮影記・その10

2017_05_20_001 広島の空の玄関口である“広島空港”の北東に位置する“中央森林公園”まで、飛行機の撮影に行ってきました。飛行機の撮影を始めて1年8ヶ月、広島空港では10回目の撮影です。

 今回の撮影スポットは、Rwy28エンド、展望広場、ピクニック広場の3ヶ所です。普段は、離着陸方向の様子見を兼ねてピクニック広場から始めるのですが、今回は敢えてRwy28エンドから始めてみました。ちなみに、Rwy28エンドは、お馴染みのアシアナ航空にぶっ壊されたローカライザー裏ではなく、T1に近い側です。

2017_05_20_002 敢えて最初からRwy28エンドに向かったのは、普段は午前中に到着・出発の各1便のみなボーイング777-200のフライトが、今日は更に1便ずつ追加されていたからです。中・小型機が主力の広島空港では、貴重なワイドボディ大型機なので、近くから腕さえあれば迫力のある写真を撮れるスポットを選んだというわけです。

 何度か撮ってきたスポットですが、これまで中・小型機ばかりだったので、撮り方に困りました。取り敢えず、10月末あたりまでは、日中のフライトがありそうなので、折を見て撮影したいと思います。

2017_05_20_003 いつもは、Rwy10から着陸する中国や韓国からの国際線が、揃いも揃ってRwy28から着陸していました。こんな機会もなかなかないのではないでしょうか(なお、那覇空港からのANA便は、普通にRwy10から着陸)

 香港エクスプレスが香川うどん県とコラボレーションしている特別塗装機の“Udon”だったのですが、肝心の讃岐うどんのイラストはポート・サイド(左舷)のみなのですよね。スターボード・サイド(右舷)は、特別名勝の日本庭園“栗林庭園”をイメージしたイラストが描かれています。さて、再びお目にかかれる機会はあるのやら…。

2017年4月30日 (日)

大阪国際空港撮影記・その1

2017_04_30_001 ゴールデンウィーク、実家に帰省しているのを利用して、関西国際空港や神戸空港と並ぶ関西の空の玄関口“大阪国際空港(通称、伊丹空港)”に隣接した“スカイランドHARADA”“スカイパーク伊丹”、B滑走路Rwy32Lエンドの“千里川土手”まで飛行機の撮影に行ってきました。昨年の関西国際空港以来の拠点空港での撮影です。ちなみに、国際空港と銘打っていますが、現在では関西国際空港の開港に伴って、国内線のみの運行です。もちろん、かつては名実ともに国際空港でした。

2017_04_30_002 スカイランドHARADAとスカイパーク伊丹は、B滑走路の南側に沿って整備された公園です(後者は、騒音対策の緩衝緑地です)。伊丹空港の定番撮影スポットということもあり、航空ファンのほか、家族連れが数多く、飛行機を撮影していました。

 国内線のみなので、JAL系列とANA系列だけですが便数の多さや機材の豊富さは、地方空港とは比になりません。流石に、数の多いリージョナルジェット機とプロペラ機は、途中からは撮る気力を維持できませんでしたね…。

2017_04_30_003 地方空港だと、ANAはともかくJALは、使用機材が小型ナローボディ機のボーイング737-800での統一が徹底されていますが、需要が桁違いだけあってボーイング767やボーイング777といった、中・大型ワイドボディ機が飛び交います。ANAも同じく中・大型ワイドボディ機のボーイング777やボーイング787-8が主力です。また、便数が多いだけあって、特別塗装機も数多き飛来しました。地方空港でも飛来するANAの“STAR ALLIANCE”を除けば、ANAの“FLOWER JET”、JALの“oneworld”“ドラえもんJET”と、はじめてお目にかかる機体ばかりでした。

2017_04_30_004 撮影場所から滑走路まで近く、ボーイング777クラスの大型機だと、画角に収まるか収まらないかでした。距離が近い分、飛行機までの距離変化が大きく、カメラをパンする速度も速いため、撮影は難しいです。

 日頃、ベースにしている広島空港や岡山空港の主な撮影スポットは、滑走路との間にタキシングロードを挟んでいるため、少なからず距離があります。これだけ距離感が違うと、最早、どう撮って良いのか分かりません。距離が近いことを生かして、大胆に切りとってみるのも良いのでしょうが、そのあたりのセンスのなさが痛いです。

2017_04_30_005 千里川土手は、市街地をかすめるように低空で侵入する機体を間近で見られる撮影スポットです。また、夜には3,000mの滑走路を彩る誘導灯が織りなす幻想的な光景が撮影できることでも有名です。

 敷地境界のフェンスが高く、脚立がないため、きれいにかわすことができませんでした。夕方から夜にかけての露出が厳しくなる中での撮影ということもあって、あまり納得のいく撮影はできませんでした。侵入経路のほぼ真下から撮っていたので、機体記号も把握できていません。

 機材の不足や相性の悪さも相まって、いくらばかりか消化不良の撮影となってしまいました。そのあたり、いろいろと改めてリベンジしたいところです。

2017年4月22日 (土)

広島空港撮影記・その9

2017_04_22_001 広島の空の玄関口である“広島空港”の北東に位置する“中央森林公園”まで、飛行機の撮影に行ってきました。4月になったので、閉園時間が17時から18時に繰り下がったので、撮影できる時間が長くなりました。9月いっぱいまでは、この時間なので有意義な撮影にしたいところです。

 今回の撮影スポットは、ピクニック広場、Rwy28エンド、展望広場の3ヶ所です。過ごしやすい時季ということもあって、ピクニック広場は昼前に家族連れでいっぱいになっていました。

2017_04_22_002 3月26日から空のダイヤも改正され、前回とは出発・到着時刻が少し変更になりました。そして、一部の便は使用される機材が変更され、始発便と最終到着便だったボーイング777-300の運用が、午前中の到着・出発の各1便に変更されました。ただ、運用は完全に固定されていないので、時期によって機材が変わりますが…。

 この便で、去る3月に塗装変更が行われたばかり、3機目の“STAR WARSジェット”が飛来しました(恐らく3回目)。しかも、まさかのゴーアラウンド(着陸復行)でした。乱気流の発生しやすい広島空港とはいえ、そこそこの便数を撮ってきた中、初めての遭遇です。

2017_04_22_003 この日も風向きがころころと日で、着陸はRwy10からだったり、Rwy28からだったりと、翻弄されました。離陸は、Rwy10からで安定していたのが、救いです。ちなみに、ゴーアラウンド以降、ANA便の殆どに遅れが発生していました(Flightrader24で、軌跡を追ったら、大型機だけ合って、かなり大回りしていました)。

 時折、定期便・チャーター便以外にも民間機の離着陸のある広島空港ですが、単発レシプロ機とビジネスジェット機が、合間を縫うように何度もタッチ・アンド・ゴーを繰り返していました。恐らく、飛行訓練の一環だと思います。

2017年3月19日 (日)

広島空港撮影記・その8

2017_03_19_001 広島の空の玄関口である“広島空港”の北東に位置する“中央森林公園”“空港ターミナルビル・見学・送迎デッキ”まで、飛行機の撮影に行ってきました。今月は、2週間ぶり2度目という短いスパンでの撮影です(そもそも、月に2回の撮影は、過去に1度だけ)。今年は、月に1回以上は飛行機の撮影に行こうと思います。

 本当は、春分の日に岩国錦帯橋空港へ米軍機を撮りに行こうと思っていたのですが、雨の予報だったので、ベースの広島空港に変更しました。在日米軍は、アメリカのカレンダーで仕事をしているので、平日であれば日本は祝日でも休みではないそうです。

2017_03_19_002 今回の撮影ポイントは、空港の北東に位置する展望台、飛行機が見える丘、空港ターミナルビルの3階にある見学・送迎デッキの3ヶ所です。このスポットに行くのは、去年の8月以来、7ヶ月ぶりです。県営の空港駐車場に駐車せざるを得ないため、車料金が割高だったり、離着陸の方角によっては、全く撮れなかったりするので…。

 まだ、草木の生い茂る季節ではないので、視界を遮られることもありません。まぁ、滑走路脇の芝生(?)も、まだ茶色なので、彩りがなくて寂しい限りです。あとは、この時季は致し方がないのですが、霞が酷い…。

2017_03_19_003 着陸は、那覇便や大連・上海便を除けばRwy28からでしたが、離陸はまたしてもRwy10からだったりRwy28からだったりと、まちまちでした。ほぼ西風で安定していたので、追い風で離陸するか、向かい風で離陸するかの判断が分かれるところなのでしょう。

 中国や韓国からの国際線を除けば、天候に問題がない限り、概ね定刻の広島空港ですが、恐らく初めての機材変更に遭遇しました。本来、エアバスA321のフライトが、ボーイング777-200に変更されて、羽田から飛来、折り返していきました。しかも、個人的に気に入っている“STAR ALLIANCE”塗装機、小型機・中型機が主力の広島空港では、貴重な大型機の飛来でした。

2017年3月 4日 (土)

広島空港撮影記・その7

2017_03_04_001 広島の空の玄関口である“広島空港”の北東に位置する“中央森林公園”まで、飛行機の撮影に行ってきました。出張で、北海道や中国/上海に向けて、飛行機に乗る機会は多かったものの、撮影は前回から約3ヶ月ぶりです。コンスタントに撮影をしないから、何時まで経っても腕前が上がらないとのお叱りを受けそう…。

 このところ天気の良い週末が続いていたので、晴天を期待したのですが、曇りがちでした。雲が多いと、白い機体の多い日本の空事情では、コントラストが上がらないのが辛いです。紫外線の多い上空では、塗装の劣化が早いので、塗料の安い白色が世界的にも多いらしいです。

2017_03_04_002 今回の撮影ポイントは、ピクニック広場と展望広場、Rwy28エンドの3ヶ所です。冬の寒さも和らぎはじめて、日中は少しずつ過ごしやすくなってきたこともあってか、ピクニック広場と展望広場は、多くの家族連れで賑わっていました。

 着陸は、Rwy28からばかりでしたが、離陸はRwy10からだったり、Rwy28からだったりと、どっちつかずな状態でした。広島空港は、ANAとJALが10分間隔くらいでのフライトが多いのですが、互いに逆方向へ離陸していくことが多かったです。しかし、広島-羽田便が、こんな間隔で飛ぶ必要性ってあるんですかねぇ…。

2017_03_04_003 Rwy28エンドは、お馴染みのアシアナ航空にぶっ壊されたローカライザー裏ではなく、T1に近い側へ行ってみました。まぁ、距離にして600ft(約183m)くらいしか変わらないので、撮れる写真はあまり変わりませんが…。

 展望広場に行くと、もう少し焦点距離の長いレンズが欲しくなりますね。APS-Cに300mmだと、全長39.5mのボーイング737-800が、最も近い距離でもギリギリ画角に収まるくらいです。最近、非Lの200-600mm望遠ズームレンズの噂を聞かなくなりましたが、どうなっちゃったんでしょうね…(そこそこのお値段なら、買っちゃいますよ)

2017年2月25日 (土)

御庄川ダム、黒杭川ダム、陸奥記念館

2017_02_25_001 先日、去年より8日遅く“春一番”が中国地方を吹き抜けた中、約4ヶ月ぶりのダム巡りに行ってきました。向かった先は、錦川水系錦川の“御庄川ダム”と柳井川水系黒杭川の“黒杭川ダム”です。ダム巡りの後は、周防大島(屋代島)の先端近くの“陸奥記念館”に立ち寄りました。

 御庄川ダムは、1958年竣工の重力式コンクリートダムです。常用洪水吐に自然調流式のオリフィスゲート2門、非常用洪水吐にクレストゲート1門を備えます(正確な情報がないので、ゲートは見た目からの憶測です)。竣工時は、クレストゲートにラジアルゲートがあったはずなのですが、現在では撤去されいます。

2017_02_25_002 堤体に残された回転軸と戸当たりが、唯一の名残です(ただ、探してもゲートの写真は見つかりません)。そのため、治水専用ダムという役割は、今も昔も変わらないのですが、現在では“穴あきダム”として、その役目を果たしています。

 オリフィスの放流管には、堤体保護のために鋼板製のライナーが施工されいるのですが、既に腐食して失われてしまっているような気がします。堆砂もかなり進行しているのが気掛かりです。このまま、半ば放置気味に使われ続けるのでしょうか…。

2017_02_25_003 黒杭川ダムは、1965年着手、1969年竣工の重力式コンクリートダムです。1年半ぶり2回目の訪問ですが、前回は夏季制限水位だったのに対して、今回は常時満水位です。前回は、開放されたコンジットゲートと河川維持放流設備から放流していましたが、流石に今回は後者だけでした。

 ダムカードのバージョンが、2.0から2.1に更新されていましたが、どう見ても何も変わっていません…。1.1から1.2に更新された黒杭川上流ダムは、桜が満開になっているときの写真が削除されていました。

2017_02_25_004 陸奥記念館は、原因不明の爆発によって沈没した帝国海軍の戦艦“陸奥”から引き上げられた遺物・遺品を展示すると共に、船と運命を共にした乗組員の慰霊を目的とした施設です。同じ帝国海軍の艦艇であっても、戦艦“大和”を中心とした呉市海事歴史科学館、通称“大和ミュージアム”とは、雰囲気が大きく異なります。

 野外には、主錨、錨鎖、スクリュー、14cm副砲2門、艦首先端部が展示されています。海底に25年も眠っていたというのもありますが、引き上げてからは雨ざらしのため、痛みが進行しているようにも見受けられます。

2017_02_25_005 記念館の敷地は、水族館やキャンプ場と隣接しており、海上自衛隊の対潜哨戒飛行艇のPS-1も展示されいます。恐らく3機しか現存しない貴重な機体ですが、こちらも保存状態は、あまり良くありません。まぁ、対潜哨戒機としては、いまいちだったこともあり、生産数は23機しかないので、残っているだけ良い方かもしれませんが…。

 ブラウザゲーム「艦隊これくしょん」に登場する擬人化された陸奥のフィギュアが置いてあるなんてこともありません。ケッコンカッコカリを果たした陸奥愛に溢れる提督でも、ここでは現実の艦艇と向き合って下さいませ。

2016年11月 5日 (土)

広島空港撮影記・その6

2016_11_05_001 広島の空の玄関口である“広島空港”の北東に位置する“中央森林公園”まで、飛行機の撮影に行ってきました。朝夕は、少しばかり肌寒いですが、日中は過ごしやすくて、気候的には撮影しやすくて良いですね。

 昨日、一昨日と天気が良かったので、晴天を期待したのですが、午前中は雲が多くてコントラストが上がりませんでした(それ以上に、気温が低くて寒かったです)。午後からは、遠くの方は霞がかかっていましたが、雲のない青空が広がっていました。

2016_11_05_002 今回の撮影ポイントは、ピクニック広場とRwy28エンドの2ヶ所です。殆どの便がRwy10からの離陸、Rwy28からの着陸でしたので、風向きの面でも撮りやすかったですね。滑走路中心線に対して傾けたアプローチした機体をタッチダウンの瞬間に真っ直ぐにするのは、プロの技を垣間見られる圧巻の光景です。

 前回よりも、飛行機通過後の後方乱気流が強く感じたので、侵入高度が低かったかもしれません。大型機も離着陸する世界屈指の危険な空港、プリンセス・ジュリアナ国際空港だと、どれ程の後方乱気流が発生するのでしょうかね。

2016_11_05_003 同じ撮影スポットに来られて、色々とお話をさせて戴いた方に、“Canon EOS-1D X”“Canon EF600mm F4L IS II USM”を少しだけ使わせて戴きました。本体とレンズを合わせて、末端価格で200万円を超えるガチ勢向けの機材です。いわゆる“バズーカ砲”とか言われている超望遠レンズです。

 価格もさることながら、推定重量も驚愕の6kgですから、いろんな意味で持つ手が震えてきます(原寸で見ると手ブレしていました)。本気で使うと思うと、購入する前に本格的な筋力トレーニングが必要なレベルです。普段、重いなと感じている手持ちの機材が、軽く思えてきます。

2016年9月10日 (土)

岡山空港撮影記・その3

2016_09_10_001 日中でも少しは過ごしやすくなった中、“晴れの国”こと岡山の空の玄関口である“岡山空港”まで、飛行機の撮影に行ってきました。撮影場所は、空港の北東に位置する“日応寺自然の森スポーツ広場”、見学用スペースの設けられた“第4駐車場”、ターミナルビル3階の“送迎デッキ”の3ヶ所です。

 この3ヶ所は、便利で撮影しやすい定番の撮影スポットというのありますし、脚立が不要というのがポイントです。空港の南側の撮影スポットは、滑走路を囲うフェンスに視界を遮られてしまうため、脚立が必須です。

2016_09_10_002 岡山空港の国際線は、曜日によって変わるうえに、土曜日は有効時間帯の離発着がないので、国内線のみです。前回から日没時間は、1時間近くも短くなっているため、ただでさえ便数の少ない岡山空港では、撮影できる便数が限られてしまいます。岡山空港での撮影は、来年の夏至前後まで見送りになりそうです。

 午前中の便を撮影してみたいという思いはあるのですが、始発便から撮影するくらいの気概が求められますからねぇ…。高速を使っても2時間の所要時間が必要なのは、なかなか厳しいところです。

2016_09_10_003 先日から夕暮れや夜間の撮影では、低速シャッターによる流し撮りを試みているのですが、相変わらず、上手く撮影することができません。プロの撮影条件も参考にはしているのですが、遙かに遠く及ばない状態です。まぁ、それを生業にされている方に、ちょっとやそっとで追いつけるはずもありませんが…。

 地方空港だと、滑走路の誘導灯以外の光源がないので、非常に暗いという印象です。都市空港だとターミナルビルを初めとする誘導灯以外の光源も期待できそうなので、機会を見つけて試してみたいところです。

2016年8月 6日 (土)

広島空港撮影記・その5

2016_08_06_001 広島の空の玄関口である“広島空港”の北東に位置する“中央森林公園”“空港ターミナルビル・見学・送迎デッキ”まで、飛行機の撮影に行ってきました。夏の厳しい日差しの下での撮影は、非常に辛いものがありますね。

 熱中症対策に、スポーツドリンクを水筒に詰めていったのですが、500ml程度では何の気休めにもなりませんでした。昼過ぎという最も暑い時間帯から撮影を開始したのですが、僅か1時間足らずで飲み干してしまい、補給のために撤退を強いられました(そもそも、最初の撮影ポイントに向かう途中で、余りの暑さに音を上げて帰ろうかと思ったくらいです)

2016_08_06_002 今回の撮影ポイントは、久々の飛行機の見える丘の他、北東に位置する展望台(ぶち安いとか謳いながら、ちっとも安くないガソリンスタンドの脇から階段を登っていったところ)、空港ターミナルビルの3階にある見学・送迎デッキの3ヶ所です。いつも同じ場所で撮っているので、同じような写真ばかりで、マンネリ化してしまっていましたから(結局、センスと技量が足りないので、同じような写真ばかり撮っているのですけれどね)

 しかし、空港駐車場に車を置いて撮影ポイントを巡ったのですが、どれもそれなりの距離を歩かなければならないので、この時季に選ぶのは考えものかもしれません。しかも、生い茂った草木のおかげで、視界が遮られるのなんの…。

2016_08_06_003 離陸はRwy28からでしたが、着陸はRwy10からだったり、Rwy28からだったりと、まちまちでした。東西方向の視界の悪いポイントでの撮影だったので、寸前まで気付かずに撮り損ねたり、撮り損ねそうになりました。今日は、ダイヤが乱れ気味で、出発・到着時刻や離着陸順が変更された便が、数多くいました。私の他に、誰も撮影者がいなかったので、尚更です。

 先日の岡山空港と同じく、離着陸機の夜間流し撮りを試みてみたのですが、実用に耐えうるようなものには仕上がりませんでした。飛行機に合わせて、綺麗にパンできないのですよねぇ…(三脚の動きも、少し渋い)。

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

ウェブページ

他のアカウント

無料ブログはココログ