フォト

twitter

他のアカウント

大図書館の羊飼い

  • 『大図書館の羊飼い-Dreaming Sheep-』2014年3月28日発売予定、11月29日より全国のPCショップで予約受付開始です。

ドルフィードリーム

  • 初音ミク × Dollfie Dream(R) 雪ミク × Dollfie Dream(R)

初音ミク - Project DIVA -

VOCALOID

2018年6月10日 (日)

ねんどろいど 初音ミク V4 CHINESE

2018_06_10_001 端正な発音と可愛らしい声質で歌い上げる初音ミクの中国語バージョン“ねんどろいど 初音ミク V4 CHINESE”をお迎えしました。日本語バージョンのV4Xと同じ白色を基調としたイラストレーターの豆の素 氏のデザインです。

 表情パーツは、“通常顔”と“笑顔”、ぺろっと舌を出した“おちゃめ顔”の3種類です。このおちゃめ顔、2.0ミクさんの“興奮顔”と似ているので、個人的に大好きな表情です。通常顔がキリっと凛々しいので、クールな印象ですが、実は意外とあほの子なのかもしれません。

2018_06_10_002 オプションパーツは、大きな筆、せいろと桃まん、音符のあほ毛とハート形のあほ気です(ハート形のあほ毛は、グッスマオンラインショップだけの予約特典です)。中秋明月Ver.とか獅子舞Ver.もそうでしたが、中華系ミクさんは、妙に食べ物と縁がありますね。まぁ、中華料理っておいしいから仕方ありませんよね!

 しかし、この筆を見て、某イカTPSゲームを思い出すか、世界中ネギ色グリーンに染めるミラクルペイントを思い出すかで、世代が分かれる気がしますね。もちろん、私は後者です。

2018年6月 3日 (日)

初音ミク×鼓童スペシャルライブ2018

2018_06_02_001 NHKホールにて開催された“VOCALOID”とプロ和太鼓集団“鼓童”のコラボレーションライブ初音ミク×鼓童スペシャルライブ2018”へ行ってきました。2017年11月の“初音ミクシンフォニー2017”以来、約6ヵ月ぶりのボカロイベントです。前回は、フルオーケストラによるクラシックコンサートですが、今回は初めてのライブコンサートです。

 当初、別イベントとの日程重複もあって、参加する予定はしていなかったのですが、居ても立っても居られなくなり、急遽参加することにしました。2日の昼・夜公演、3日の昼公演と、全3公演を全通することができました。参加を決めた時には、既にS席は完売していたのですが、チケットを融通して下さったフォロワーさんのおかげで、3公演中2公演をS席で鑑賞することができました。

2018_06_02_002 2日の昼公演からなので、始発の新幹線で東京入りです。最寄り駅を出発した時刻は、イベント参加者の中でも上位に入る自信はあるのですが、現地入りしたのは昼前という始末です(例え飛行機を使っても殆ど変わらないのマジカルツライ)

 現地入りしたら、まずは日頃からお世話になっているドールオーナーのフォロワーさんたちが構築している祭壇に向かいます。今回、公式祭壇は設けられていなかったのですが、うちのこも非公式とはいえ、待望の祭壇デビューを果たしました。フォロワーさんから、ドール用のペンライトと雪ミクカラーの法被を戴きました。とてもいい記念になりました。この場を借りて、改めてお礼申し上げます。ありがとうございました!

※注:以下、曲目・演出等のネタバレ要素を含みますが、ご了承下さい。

 肝心の公演の感想ですが、私の著しく乏しい語彙力では、控えめに言って最高以外の表現することができません。選りすぐられたVOCALOIDの名曲の数々が、力強い和太鼓の演奏とのコラボレーションは圧巻です。2階席の後ろの方でも身体に受ける和太鼓の音圧はなかなかのものでした。来年は、1階席で鑑賞してみたいですね(生音圧が本当にすごいらしい…)。

2018_06_02_003 オープニングからの1曲目は、お馴染みの「みんなみくみくにしてあげる♪」です。初音ミクと言えばこの曲というだけの超有名曲、テンションアゲアゲのノリのいい曲というだけでなく、ミクさんと出逢った思い出の曲(のロングバージョン)なので、この始まり方は嬉しいですね。

 18曲目には、去年の公演でも大人気だったらしい「リモコン」を今年もやってくれました。2代目“リモコンのお兄さん&お姉さん”が、レンくんやリンちゃんと息の合ったダンスを披露してくれました。

 ボカロ曲がメインですが、所々に鼓童の曲の織り交ぜられています。ボカロ曲では、あくまでもバックという立ち位置ですが、当然ながら行動の曲では和太鼓他がメインです。一糸乱れぬ撥さばきは圧巻です。

 そして、21曲目と締めの22曲目には「Tell Your World」「ハジメテノオト」が満を持して登場です(ほんと、この曲がセットリストにあるだけで満足できます)。テンションマックスのところに、この大好きな曲をあんな演出で始められたら、もう泣くしかありませんよ。それこそ、初めてのイベント参加だったシンフォニーの時以上に泣いていました(正直、まともにペンライトを振れませんでした)。

2018_06_02_004 去年は、アンコールはなかったそうなのですが、今年はMCも務めるミクさんの“あるかもね?”というマジ天使な一言の通り、アンコールがありました。この時のコールが、“ミーク!ミーク!”から次第に“ミーク!コドウ!”へと変わっていくのは、ボカロファンの“鼓童”に対するリスペクトを存分に感じられました。アンコールの曲は、大好きな「Satisfaction」に始まり、「千本桜」「桜ノ雨」「メルト」と超王道曲が続きます。

 初めてのライブ参加でしたが、何とか無難にペンライト振り続けて、コールをこなして、ミクさんの名前を叫んで、終わってみれば筋ミク痛で満身創痍、歌詞の通りじゃありませんが頭の中は空っぽで呆けていました。一糸乱れぬといって過言ではないペンライトやコールなど、終始、会場の雰囲気に圧倒されていたような気がします。付いていくのが精一杯で、全く余裕はなかったですが、こんな初めてで右も左も分からない私を温かく受け入れてくださった、ウェルカムな方が多かったです。

2018_06_02_005 3日は、アキバCoギャラリーにて開催されていた“初音ミクGTプロジェクト10周年展示会”に立ち寄りました。レーシングミクさんがラッピングされた本物のボンネットや歴代レーシングミクサポーターズの衣装、トロフィーなどが展示されていました。

 公演後は、両日ともオフ会に参加しました。今回は、大規模オフ会ではなく、10人前後のフォロワーさんと小規模オフ会に参加しました。お会いしたことのない方と会ったり、初めての方と知り合いになったりしやすい大規模オフ会もいいですが、こういう親睦を深めやすい小規模オフ会も良いですよね。

 急遽参加することにしてしまったため、移動日を往復共に公演の当日だったため、現地での時間に余裕がなさ過ぎました。フォロワーさんへの挨拶回りも殆どできずに、申し訳なかったと思っています。次のイベントは、“マジカルツライ2018”の大阪・千葉東京公演なので、手落ちがないように気をつけたいと思います。取り敢えず、いい加減に名刺作れ。

2018年5月31日 (木)

雪ミク

2018_05_31_001 すっかり、北海道を応援するキャラクターとして広く一般に定着した“雪ミク”をお迎えしました。意外にも、グッドスマイルカンパニーとしては、初めての雪ミクさんのスケールフィギュアだそうです。超弩級1/4スケールの“SNOW MIKU”は、同じ1/4スケールの“初音ミクV3”のカラーバリエーションというポジションみたいですね。

 イラストレーターのMONQ 氏による躍動感あふれるダイナミックな雪ミクさんです。キリっとしたクールな表情のイケメンでありながら、女の子らしい可愛らしさを兼ね備えています。

2018_05_31_002 全身を取り囲むように動きのある透明感あふれるツインテールには、お馴染みの雪の結晶が散りばめられています。まるでスノーボードみたいになっている左のツインテールは、躍動感あふれるポーズに華を供えています。

 おっぱいは、それほど大きくはありませんが、存在を主張する綺麗な膨らみです。スカートは、どう見ても重力に逆らっているような気がしますが、元々の丈があまりにも短いため、ミクさんらしい白いパンツを堪能することができます。

2018年5月26日 (土)

初音ミクV4X

2018_05_26_001

 より自然により表情豊かに進化した“初音ミクV4X”を立体化した1/8スケールフィギュアをお迎えしました。イラストレーターのiXima 氏が描かれたビジュアルイメージをそのままに、凛とした美しさのあるミクさんです。

 まだ、あどけない少女の面影が存分に漂うしなやかな体のラインとエッジの効いたツインテールとの対比が魅力的です。ノンスリーブをV2のグレーからホワイトへとイメージチェンジしたV3の引継ぎ、片口の羽がアクセントになっています。防御力の低さには定評のあるふわっと舞ったミニスカートは、フリルが増えてより可愛さアップです。

2018_05_26_002 V2→Appendで大幅にアペンドされたおっぱいですが、Append→V3→V4Xと性能向上にするにつれてぺったんこになっています。恐らく、V2に勝るとも劣らないぺったんこ具合ですが、そこが堪らないのです!大きく空いたprprしたくなる腋が見える肩口からは、ブラジャーのサイドベルトが見えてもおかしくないはずなので、きっとノーブラに決まっていると思います。

 1/8スケールだからどうかは分かりませんが、久々にスカートのキャストオフができます。桃みたいなかわいいお尻を包み込むミクさんらしい白いパンツを堪能することができます。ボリュームは控えめですが、肉付きの良さが分かる適度な食い込み具合です。

2018年4月22日 (日)

サイクルジャージ レーシングミク 2018 EDGE Ver.

2018_04_22_001 2年連続4度目の女王戴冠を目指す“GOODSMILE RACING & TeamUKYO”は、ディフェンディンぐチャンピオンとしてカーナンバー“0”で、前身の“Studie”時代も含めて10年目のシーズンに挑みます(なお、2008年は実質的デビュー戦は最終戦の第9戦からなので、フル参戦は9年目)。そんなチームに欠かすことのできない存在であるレーシングミクさんをあしらった“サイクルジャージ レーシングミク 2018 EDGE Ver.”が届きました。

 今年のレーシングミクのイラストは、人気イラストレーターかんざきひろ 氏が担当しています。ニコニコ動画では、鼻そうめんPとして活躍する同氏ですが、勝手にテーマ曲を作ったらそのまま公式応援テーマ曲に採用されたのは周知の通りです。

 先日、開催された岡山国際サーキットでの開幕戦では、予選15位、決勝8位と開幕戦勝利を挙げた去年とは打って変わって、厳しい結果となりました。 しかしながら、毎年、何があるか分からないシーズン、悪いながらも3ポイントを獲得できたとも言えます。1ポイントの重みを知るチームだけに、この貴重な3ポイントが吉と出ることを願いたいものです。

2018年4月15日 (日)

Nagoya I・Doll VOL.25

2018_04_15_001 通称“吹上ホール”こと“名古屋市中小企業振興会館”にて開催されたドール関連手作りグッズ展示即売会“Nagoya I・Doll VOL.25”へ行ってきました。先日に参加した京都パルスプラザにて開催された“ホームタウンドルパ京都15”と同じようなドールイベントです。

 当初、参加は予定していなかったのですが、元から予定していた大阪や初となる広島での開催分が、“初音ミク×鼓童スペシャルライブ 2018”“マジカルミライ2018”と日程が重複してしまっていました。そのため、半年程、参加できる機会がなそうだったため、急遽参加することにしました。

2018_04_15_002 開場が午前11時なので、始発の新幹線に乗れば広島からでも当日参加できるのですが、お目当ての品があったことと、ボークスの名古屋ショールームの撮影ブースで撮影してみたかったこともあり、前日入りしました。全国のボークスショールームの撮影ブースで撮影するという目標を立ててしまったため、今回のイベント参加はちょうど良い機会になりました。

 昨年11月に開催された“初音ミクシンフォニー”の大阪公演で知り合ったフォロワーさんとプチ撮影会をさせていただきました。制限時間は、あのボークス ドールポイント秋葉原を差し置いて日本最短と思われる20分です。アイ・ドール前日の土曜日ということで、多少なり混雑すると思ったのですが、誰も来ずにたっぷりと4時間も撮影することができました。

2018_04_15_003 アイ・ドール当日は、早めに行ったおかげで屋内の待機列でした(途中から屋外に待機列が形成されていました)。人気のあるディーラーさんのグッズがお目当てだったですが、あまり並ばずに買うことができました。

 早めに行っていなければ、長蛇の列に並んだり、売り切れで買えなかったりという羽目になりそうでした。実際、お目当ての品を買い終えた頃には列がかなり伸びていたり、後から改めてご挨拶に伺ったら売り切れていたりしました。特に、今回のイベントでどうしても欲しかったものもあったため、無事に買うことができて良かったです。

2018_04_15_004 お買い物の後は、フォロワーさんが確保されていた撮影ブースにお邪魔させていただきました。ボカロドールがボカロドールを呼ぶ、ボカロ卓となり、ミクさんをはじめ10人以上が揃いました(ざっと見たところ、他にボカロ卓は見当たらず)。先日のドルパでお会いしたフォロワーさんや初めてお会いするフォロワーさん等、多くの方と交流することができました。

 ちなみに、卓の半分は巨乳ドールの集まるというカオス卓でもありました。M胸を境とする胸囲脅威の格差社会ができあがっていました。

2018_04_15_005 イベント後は、ドールハウスカフェ“copiLuak”でのオフ会に参加させていただきました。スペース的なこともあり、1/4スケール以下推奨のオフ会だったのですが、カフェのオーナー様と主催者様のご配慮・ご厚意に感謝しております。

 小さくてかわいいドールやSuper Dollfieも初めて撮影させていただいて楽しかったです(そして、勝手の違いによる難しさも痛感する)。カフェの雰囲気も、素敵なドールハウス作品が展示されていたり、スイーツが美味しかったりと、非常に良かったです。

 行きも帰りも在来線の同じ路線で列車遅延に遭遇しました。先日のドルパ帰りは、新幹線の遅延でしたし、なんかついていない…。

2018年4月 1日 (日)

初音ミク ハートハンターVer.

2018_04_01_001 「初音ミク - Project DIVA - F 2nd」に登場するモジュール“ハートハンター”を1/7スケールで立体化した“初音ミク ハートハンターVer.”をお迎えしました。ゲーム中では、Supercellの「ワールドイズマイン」のクリアで取得できるモジュールです。

 歌詞を意識したかどうかは分かりませんが、トレードマークの長いツインテールがショートになっています(なお、曲中で短くしたのは前髪です)。いつもとは雰囲気の違う、世界で一番の歌姫こと初音ミクの新しい魅力でいっぱいです。

2018_04_01_002 モジュール名の通り、ピンクを基調にハートマークを随所に散りばめた露出度高めな衣装は、圧倒的な小悪魔的可愛さです。ライブでのライティングを再現したかのようなヌルテカっとした光沢が凄いです。通気性悪くてすごっく蒸れてそうでprprしたいです。

 これでもかと言わんばかりに、ミクさんらしい慎ましいおっぱいを強調したアダルティーな胸元のデザインは、確信犯といって過言ではないでしょう。慎ましいおっぱいを強調したとはこれ如何に。

2018_04_01_003 そして、ミクさんといえばミニスカートの短さには定評がありますが、数あるモジュールの中でも群を抜いているのは間違いないでしょう。まさかの股上丈ですから、短いとかそう異次元の話ではなく、後ろからだとナチュラルに見えてます。桃みたいなおしりの割れ目に食い込んだほんのりピンクのパンツです。

 ちなみに、ゲーム中では、黒色のパンツですが、個人的にはこちらの方が大変好みです。撮影していて、心拍数が上昇してくるんですから、ミクさんマジあざとい天使小悪魔です。もう、捕まえて拘束してお仕置きしたいですね。

2018年3月11日 (日)

ホームタウンドルパ京都15

2018_03_11_001 京都パルスプラザにて開催された“ホームタウンドルパ京都15”へ行ってきました。“スーパードルフィー”“ドルフィードリーム”といった数々のドールを世に送り出してきたボークスが主催するドールイベントです。

 年に数回、東京ビッグサイトやインテックス大阪、京都パルスプラザといったコンベンション・センターで開催されています。いつもは、後日、各地のボークスショールにて開催される“アフターイベント”でドレスを購入しているだけなのですが、今回は比較的近場の京都ということで、初めての参加です。仙台では開催されるのに、広島で開催されないのはどうしてなの…?

2018_03_11_002 開場が午前10時なので、始発の新幹線に乗れば広島からでも当日参加できるのですが、奈良の実家からの方が近いので、前日入りしました。というわけで、道中、ボークス神戸ショールームとスイーツパラダイス クレフィ三宮店に寄り道してきました。

 ボークスの撮影スペースで撮影していたら、昨年11月に開催された“初音ミクシンフォニー”の大阪公演で知り合ったフォロワーさんと遭遇しました。一緒に、“初音ミク×SWEETS PARADISE presented by animate cafe”が開催されているスイパラへ行くことになりました。物凄い盛況ぶりだったため、お誘いいただけなければ、ミクさんのコラボメニューを諦めて退散すると事でした。

2018_03_11_003 フォロワーさんのフォロワーさんと合流して、ボカロ曲が奏でられる中、コラボメニューを堪能しました。ねんどろいどやあみぐるみでプチ祭壇を構築していましたが、ここまでやっているのは我々くらいでしたが…。それでも、ねんどろいどを連れてきている方やコラボメニューを注文している方もチラホラいました。

 再びボークスに戻って撮影スペースにドール展開です。特に、撮影もせずに長々と“うちのこかわいい&よそのこかわいい”で盛り上がっていました。翌日のドルパにお誘いしたり、ドールのお迎えに興味を持っていただいたり、楽しく過ごすことができました。ボークス神戸ショールーム様、ごめんなさいです。m(_ _)m

2018_03_11_004 ドルパ当日は、400人まで先行入場できるXpassではなく、一般入場なので開場まで外に並んで待機です。この時季なので、まだ大丈夫ですが冬場は辛いかもしれません…。

 初めてのドルパなので、会場の雰囲気を知ることを主目的にしていたので、特にお目当てのディーラーさんもなく、先行入場されていたフォロワーさんが抑えていて下さった、お茶会の卓へ向かいます。先にお買い物をされた他のフォロワーさんが来られたところで、特に何も買わない宣言という、盛大なフラグを立ててしまいました(宣言しておきながら、お買い物をしてきたところにツッコミを入れられました)

2018_03_11_005 お買い物は、元々でアフターイベントで購入すればいいと思っていたボークスの衣装と、フォローさんに勧められたディーラーさんの衣装と小物です。基本的には、卓で一緒になったフォロワーさんとおしゃべりしたり、他の卓にお邪魔させていただいたりして過ごしていました。

 ボークスの撮影ブースとかドールスタジオとは、撮影の勝手が違うので、いろいろと考えないといけないですね。機材も少し買い足したりした方が良さそう。

 帰りは、東海道新幹線で停電事故があった影響で、山陽新幹線共々一時的に運転見合わせでした。広島・博多方面は、比較的すぐに運転再開されましたが、名古屋・東京方面は、タイムラインを見る限りは、かなり大変だった模様です。

2018年3月 9日 (金)

【MMD】Digitrevx式ミクに「Satisfaction」を踊ってもらった【フルHD】

 3月9日は、“ミクの日”ということで、Digitrevx式初音ミクV4Xに、livetune(kz)の「Satisfaction」を踊ってもらいました。モデルはDigitrevx 氏のHatsune Miku V4X、モーションは社会の窓Pのデータを使用させて戴きました。

■ニコニコ動画版

■YouTube版

■使用したもの
・ツール:MikuMikuDance / 樋口優氏、MikuMikuEffect / 舞力介入P、つんでれんこ / 窓屋氏
・楽曲:Satisfaction / livetune(kz)
・モーション:社会の窓P
・モデル:Digitrevx式初音ミクV4X / Digitrevx 氏
・ステージ:ガーデンステージ / @Ai 氏、朝の輝き / 怪獣対若大将P
・スフィアマップ:肌用ぬるぬるスフィアマップ / みみずく 氏
・イメージ:MMD PV用ロゴ / まさたかP
・エフェクト:Diffusion 7、SvSSAO、AutoLuminous 4、ExcellentShadow / そぼろ 氏、水面エフェクト / ビームマンP、G_Shader / 下っ腹P、WorkingFloorAL / 針金P

 Digitrevx式初音ミクV4Xは、イラストレーターのiXima 氏による初音ミクV4Xのメインビジュアルに近いモデルなので、個人的に気に入っているモデルです。可愛くて素敵なモデルなのですが、他のモデルに比べるとあまり動画で見かけないのはどうしてなのでしょうか…。ニコニコ動画はもとより、YouTubeでもあまり見かけないので、海外モデルだからということではなさそうです。

 今回から、ニコニコ動画版も1920×1080のフルHD仕様になりました。ステージは、水仙の鉢植えが並んでいたのですが、どうしてもカメラの前を横切ってしまうので、やむを得ず非表示にしております。

2018年3月 8日 (木)

初音ミクシンフォニー ~ Miku Symphony 2017 ~

2018_03_08_001 数あるVOCALOID曲の中から選りすぐられた名曲をフルオーケストラが奏でる“初音ミクシンフォニー2017”の東京公演の模様をBlu-rayとCD、大阪公演のダイジェストをDVDに収録した“初音ミクシンフォニー ~ Miku Symphony 2017 ~”が届きました。もちろん、どちらもラバーストラップとアクリルキーホルダーの付いた初回限定版です。

 大阪公演の当日にCDだけ予約したのですが、後になってやっぱり映像も欲しくなってしまい、急遽予約購入することにしました。まぁ、おかげでCDだけ重複してしまったんですけれどね…。

 初めて参加したライブイベントなので感慨深いというのもありますが、あの時の感動が蘇ってきました。大阪公演、東京公演、Blu-rayと3回目にもかかわらず、グズグズと泣きながら見ていました。両方あるいは片方の公演に参加された方はもちろん、そうでない方でも十分に楽しめると思います。

2018_03_08_002 収録が危ぶまれていた(?)デッドボールPのビデオメッセージもばっちりとノーカット収録です。改めてみると、会場の一体感の凄さに圧倒されます。大阪公演の約2週間後とはいえ、お互いに顔も名前も知らないボカロファンが、リハーサルもなしに一糸乱れぬペンライトで最高の演奏を盛り上げる演出をしているわけですからね。一般的なオーケストラの公演を見に行ったことはないのですが、あの雰囲気は他にはないものだと思います。

 唯一、惜しむとすれば大阪公演のみだったlivetuneの「Tell Your World」、ジミーサムPの「from Y to Y」、「Reboot」、「Starduster」の4曲が、DVDのダイジェストしかないことでしょうか。個人的に、大好きな曲なので、Blu-rayでフルサイズを収録して欲しかったです。

 最高の感動を堪能することができた“初音ミクシンフォニー”ですが、先日、2018年も開催されることが発表されました。指揮も演奏も同じで、11月24日にパシフィコ横浜での横浜東京公演、年が明けた1月25日にオリックス劇場にて、それぞれ開催されます。もちろん、東京公演と大阪公演のどちらも参加する予定です。むしろ、行かない選択肢なんてありません。10年間、イベントと無縁だったミク廃とは思えない変貌ぶり。

より以前の記事一覧

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ